• トップ
  • リリース
  • ミャンマーで「ティーンエイジ アンバサダー」を実施〜日本人高校生16名がヤンゴンを訪問 日本と同国をつなぐ架け橋へ〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

ミャンマーで「ティーンエイジ アンバサダー」を実施〜日本人高校生16名がヤンゴンを訪問 日本と同国をつなぐ架け橋へ〜

(PR TIMES) 2016年10月31日(月)19時38分配信 PR TIMES


公益財団法人イオンワンパーセントクラブ(以下、当財団)は、10月31日(月)から8日間、ミャンマー連邦共和国(以下、ミャンマー)にて、日本と同国の高校生が親交を深める「日本 ミャンマー ティーンエイジ アンバサダー」を実施します。


[画像1: http://prtimes.jp/i/7505/871/resize/d7505-871-590936-0.jpg ]

日本から16名の高校生がヤンゴンを訪問し、ミャンマーにおける民主化運動の指導者・政治家 アウン・サン・スー・チー氏の母校でもあるダゴン第一高等学校(旧称:メソジスト英語高等学校)の生徒計16名とさまざまな活動を通じて友情を育みます。ミャンマーの高校生宅へのホームステイや歴史・文化体験のほか、両国を代表する小さな大使としてミャンマー教育副大臣への表敬訪問を行います。また、当財団が建設を支援し2013年に開校した「イオンガンゴー スクール」の視察や、経済的な理由で学校へ通えない子どもの教育施設であり、孤児の生活拠点にもなっている僧院への訪問を通じ、現在のミャンマーの状況について理解を深めながら、異なる文化や価値観を学びます。

さらに一行は、国際協力の現場を視察する機会として、障がいのある民間人を広く受け入れているミャンマー唯一の職業訓練校への訪問を行います。同施設は認定NPO法人難民を助ける会(以下、AAR)により2000年にヤンゴンに開設されたもので、当財団とAARが11月5日(土)より新たに実施する「アジア障がい者支援募金」を通じ支援を行う施設の一つです。

[画像2: http://prtimes.jp/i/7505/871/resize/d7505-871-516942-1.jpg ]

当財団は「諸外国との友好親善の促進」を事業目的の一つとして掲げ、1990年より、アジア各国と日本の高校生が互いの国への訪問を通じて交流する「ティーンエイジ アンバサダー」事業を実施しています。ミャンマーとの交流は2013年に続き2度目となります。

当財団はこれからも、アジア各国の未来を担う若者に国境を越えた交流機会を提供し、友好親善の輪を未来へつなげてまいります。

【プログラム概要】
・期間:10月31日(月)〜11月7日(月)
・実施地域:ミャンマー連邦共和国 ネーピードー・ヤンゴン
・参加者:日本(北海道登別明日高等学校)の高校生 計16名/ミャンマー(ダゴン第一高等学校)の高校生
・行動予定:
 10/31(月) 移動、オリエンテーション
 11/1(火)ミャンマー政府教育省への表敬訪問
 11/2(水)日本人墓地 訪問、ボージョーアウンサン博物館 視察、在ミャンマー日本国大使館歓迎会
 11/3(木)
  托鉢体験、イオン ガンゴー スクール 訪問、僧院(Aung Zayar Min Monastery)訪問、
  障がい者職業訓練校 訪問
 11/4(金)ダゴン第一高校で授業体験、ホームステイ
 11/5(土)ホームステイ
 11/6(日)ホームステイ、フェアウェルパーティー
 11/7(月)帰国

【ご参考〜「アジア障がい者支援募金」について〜】
社会福祉体制が整っていないアジアの国々では、障がい者に対する教育・就労支援が不足しています。お寄せいただいた善意の募金は、認定NPO法人 難民を助ける会を通じ、教育環境の整備や職業訓練の実施、障がいに関する啓発活動など、アジアの障がい者の自立と社会参画につながるさまざまな取り組みに役立てられます。

・募金期間:2016年11月5日(土)〜2016年12月4日(日)
・実施場所:全国のイオングループ店舗 店頭

※イオンワンパーセントクラブの活動はこちらから https://www.aeon.info/1p/

以上



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る