• トップ
  • リリース
  • 資生堂、企業文化誌「花椿」の季刊誌第1号を2017年4月25日(火)に刊行 〜刊行を記念した展覧会「pink pop ! あたらしい花椿」を資生堂銀座ビルで開催〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

資生堂、企業文化誌「花椿」の季刊誌第1号を2017年4月25日(火)に刊行 〜刊行を記念した展覧会「pink pop ! あたらしい花椿」を資生堂銀座ビルで開催〜

(PR TIMES) 2017年04月13日(木)10時08分配信 PR TIMES


 資生堂は、企業文化誌「花椿」の季刊誌第1号「夏号」を2017年4月25日(火)に刊行します。フリーマガジンとして、資生堂関連施設および全国の書店の合計約20ヵ所にて無料で配布します。
 また、季刊誌第1号の刊行を記念し、夏号の特集と連動した作品を展示「pink pop ! あたらしい花椿」展を資生堂銀座ビル1、2F「GINZA COMMUNICATION SPACE」において、2017年6月30日(金)まで開催します。

《「花椿」夏号について》
 資生堂は、2020年までの中長期戦略「VISION 2020」で若い世代へのアプローチを重視しています。一方でメディア環境が急激に変化していることも踏まえ、「花椿」は全面リニューアルのため2015年12月号をもって月刊としての発行を終了しました。2016年6月にはウェブをリニューアルし、同年11月には季刊誌としてのパイロット版「新装刊0号」を刊行しました。4月25日に第1号の「夏号」を刊行し、フリーマガジンとウェブの2つでひとつの媒体をめざします。フリーマガジンは今後、7月(秋号)、10月(冬号)、1月(春号)の年4回刊行します。今後、新たな読者層との出会いを求めて、若い世代とのコンタクトポイントとなる取扱い場所を随時増やしていく予定です。
[画像1: https://prtimes.jp/i/5794/852/resize/d5794-852-412496-0.jpg ]


 季刊フリーマガジンの第1号「夏号」では、今トレンドの「ピンク」を特集しています。
「pink pop !」をテーマに、3本の特集記事(Feature)を掲載しています。
(1)モデル・新木優子さんを写真家・映像作家・奥山由之さんが撮影したフォトストーリー+歌手・ぼくのりりっくのぼうよみさんのコラム
(2)各界の著名人が語る特別なピンク「My Favorite Pink」
(3)時代とピンクの魅力の関係をひもといた「The Power of Pink」。

 また、0号に引き続き6本の連載記事を掲載しています。Charaさんがママを務める対談「サロン・ド・バー花椿」には二階堂ふみさんをゲストにお迎えし、ピンクや母の存在、生き方まで語り合いました。また、ファッション企画「TOKYO STORY」は資生堂銀座ビルをロケ地として、撮影を行いました。綴じ込みの「花椿文庫」には、第29回「現代詩花椿賞」を受賞した伊藤悠子さんの「まだ空はじゅうぶん明るいのに」から、著者が選んだ9編の詩と、新たな書き下ろし作品を収めています。

○刊行日:2017年4月25日(火)
○刊行 :資生堂 企業文化部
○仕様 :A4変型、本誌64P
○取扱い:資生堂関連施設および全国の書店(下記URLご参照)
http://hanatsubaki.shiseidogroup.jp/about/map/?rt_pr=tr827

《「pink pop ! あたらしい花椿」展について》

[画像2: https://prtimes.jp/i/5794/852/resize/d5794-852-784065-1.jpg ]

 資生堂銀座ビル1F展示スペースでは、「花椿」夏号の特集「pink pop !」をテーマに、奥山由之さんの撮り下ろしポートレートを展示しています。1Fウィンドーディスプレーでは特集のモデルをマネキンで再現しています。また、様々なピンクで彩られたオブジェを配置し気に入ったオブジェの色と同じカラーチップを持ち帰ることができるようになっています。
 2F展示スペースでは、写真家・水谷吉法さんによるファッション企画「TOKYO STORY」の世界観をマネキンとポートレートで立体的に再現しました。1、2Fを回遊することで、3次元でも「花椿」の世界を体感できる展示となっています。

・会期  :2017年4月3日(月)〜6月30日(金) 入場無料
・開館時間:平日11:00〜19:00
・定休日 :土曜日・日曜日・祝日
・住所  :東京都中央区銀座7-5-5 GINZA COMMUNICATION SPACE (資生堂銀座ビル1、2F)
・TEL  :03-3575-5431 (資生堂 企業文化部)
[画像3: https://prtimes.jp/i/5794/852/resize/d5794-852-888903-2.jpg ]

《資生堂パーラーとSHISEIDO THE GINZAとの連動企画》
■資生堂パーラービル(東京銀座資生堂ビル)

[画像4: https://prtimes.jp/i/5794/852/resize/d5794-852-698559-3.jpg ]

 3F「サロン・ド・カフェ」にて期間限定でピンクのデザート「花模様の苺ババロア」(コーヒーまたは紅茶付/カップサービス)を提供しています。
・価格  :1,980円(税込)
・期間  :2017年3月23日(木)〜4月30日(土)
・営業時間:火曜日〜土曜日 11:30〜21:00(L.O.20:30)
      日曜日・祝日 11:30〜20:00(L.O.19:30)
・定休日 :月曜日(祝日は営業)
・住所  :東京都中央区銀座8-8-3 3F
・TEL  :03-5537-6231(予約不可)

■SHISEIDO THE GINZA
 1Fステージで「花椿」の関連展示を行います。
・展示期間:2017年4月20日(木)〜5月30日(木)
・営業時間:11:00〜20:00
・住所  :東京都中央区銀座7-8-10
・TEL  :03-3571-7735

▼ 企業文化誌「花椿」サイト
http://hanatsubaki.shiseidogroup.jp/?rt_pr=tr827



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る