• トップ
  • リリース
  • シナリオライターネットワーク、600名超に拡大!シナリオライターの地位向上を図る

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社クリーク・アンド・リバー社

シナリオライターネットワーク、600名超に拡大!シナリオライターの地位向上を図る

(PR TIMES) 2016年12月14日(水)15時00分配信 PR TIMES

株式会社クリーク・アンド・リバー社のシナリオライター・エージェンシー(http://www.creativevillage.ne.jp/lp/scenario/)は、2014年のサービス開始から、そのネットワークを600名超にまで拡大いたしました。当社は、仕事条件の交渉やプロデュース、最新情報を伝えるセミナーの開催や教育研修などのサービス内容を充実させ、シナリオライターとしての能力と地位の向上を図っております。
シナリオライター・エージェンシーでは、以下の3つのサービスを提供しております。
(1)ゲーム、アニメ分野などのシナリオや映像のプロデュース
(2)アニメ、ゲーム、コミックなどの原作コンテンツの企画制作
(3) シナリオライターの教育育成

パートナーとなったシナリオライターの方には、100万ダウンロードを突破した当社オリジナル3DリアルタイムバトルRPG(ロールプレイングゲーム)「戦国修羅SOUL(ソウル)」をはじめ、当社が制作に関わる年間100タイトル以上のゲームや、書籍のシナリオ制作に協力していただいております。また、ゲーム会社とコラボレーションしたシナリオの最新情報を伝える「シナリオ塾」の開催や、シナリオライターとしての能力向上を図る講座(アカデミー)を随時開催しております。

12月14日(水)には、当社のシナリオライター・ネットワーク構築に共に尽力している、スマホゲームの文芸監督・コンセプトディレクター 武田正憲(たけだせいけん)氏を取り上げた「創る人」第6号を発行いたしました。「創る人」は、業界の第一線で活躍する当社のパートナー・クリエイターを紹介する刊行物(不定期刊)です。

■シナリオライター・エージェンシー
http://www.creativevillage.ne.jp/lp/scenario/

[画像1: http://prtimes.jp/i/3670/827/resize/d3670-827-913662-2.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/3670/827/resize/d3670-827-854431-0.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/3670/827/resize/d3670-827-973948-1.jpg ]


当社ではシナリオライターを始め、ゲームや映像、Webなどのクリエイター約500名が活躍する制作スタジオも保持しております。また、ゲームクリエイター育成による地域創生の一環として、熊本に「サテライト・スタジオ」を設置。今後全国展開も計画しております。ゲーム業界をはじめ、様々な分野のプロフェッショナルへの支援を通じて、当社の理念である「プロフェッショナルの生涯価値の向上」と、「クライアントの価値創造への貢献」を実現してまいります。
--------------------------------------------------
■株式会社クリーク・アンド・リバー社 会社概要
本 社:東京都千代田区麹町二丁目10番9号 C&Rグループビル
設 立:1990年3月
代 表 者:代表取締役社長 井川 幸広
ネットワーク:東京・大阪・札幌・仙台・大宮・横浜・名古屋・京都・高松・広島・福岡・熊本・那覇/韓国・上海・北京・カリフォルニア
事業内容:クリエイティブ・建築・ファッション・食・学術分野のプロフェッショナルに特化したエージェント、プロデュース、アウトソーシング、著作権及びコンテンツの管理・流通。グループには、医療・IT・法曹・会計分野がある。
URL:http://www.cri.co.jp
   http://www.creativevillage.ne.jp(クリエイターのための情報サイト「CREATIVE VILLAGE」)

===================
【この件に関するお問い合わせ】
株式会社クリーク・アンド・リバー社
経営企画部
TEL:03-4550-0008
URL:http://www.cri.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る