• トップ
  • リリース
  • 「海の日」に地域の海について考えよう!「食」を通して海を知るイベントを全国8地域で一斉開催 海のごちそう地域モデル事業「海の日一斉アクション」

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

海と日本プロジェクト広報事務局

「海の日」に地域の海について考えよう!「食」を通して海を知るイベントを全国8地域で一斉開催 海のごちそう地域モデル事業「海の日一斉アクション」

(PR TIMES) 2022年07月04日(月)14時45分配信 PR TIMES

2022年7月18日(月)他<函館、大間、庄内浜、射水、熱海、鳥取、下関、鹿児島>

一般社団法人Blue Commons Japan(ブルーコモンズジャパン)は、2022年7月、全国8地域の事業者と連携し、地域の海について考える「海の日一斉アクション」を一斉開催します。このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。
[画像1: https://prtimes.jp/i/77920/818/resize/d77920-818-bf0756b855a35fd29751-0.png ]

海のごちそうプロジェクト・海のごちそう地域モデル事業とは?
海のごちそう地域モデル事業は、「食」をフックに地域の海の課題を、その地域に広く伝えていくプロジェクト。北海道(海のごちそう地域モデルin函館)、青森県(海のごちそう地域モデルin大間)、山形県(海のごちそう地域モデルin庄内浜)、静岡県(海のごちそう地域モデルin熱海)、富山県(海のごちそう地域モデルin射水)、鳥取県(海のごちそう地域モデルin鳥取)、山口県(海のごちそう地域モデルin下関)、鹿児島県(海のごちそう地域モデルinかごしま)の全国8地域で展開しています。地元の海の特徴、漁師さんの想い、歴史や環境、各地域で起きている「海と食」の課題を、「海のごちそう」を入り口に地域で発信。商品開発・地域連携・イベント等を通じて地域でムーブメントを起こし「海と食」の課題を自分ごと化させて自走する地域づくりを目指します。
WEBサイト:https://shoku.uminohi.jp/project/

<各地域の事業内容>

[画像2: https://prtimes.jp/i/77920/818/resize/d77920-818-c5a800c141a719ef4dc2-1.png ]

海のごちそう地域モデルin函館(https://brilliant-action.jp/buritarekatsu/
海のごちそう地域モデルin大間(https://omasaganacco.jp/
海のごちそう地域モデルin庄内浜(https://terroir-shonaihama.jp/
海のごちそう地域モデルin熱海(https://atami-sengyobase.com/
海のごちそう地域モデルin射水(https://tototabelone.jp/imizu/
海のごちそう地域モデルinかごしま(https://kagoshima-oishinkai.jp/
海のごちそう地域モデルin鳥取(今年度新規事業のため今後HP作成予定)
海のごちそう地域モデルin下関(今年度新規事業のため今後HP作成予定)

本イベントでは、全国8地域の事業者が2022年7月18日(月)の「海の日」にイベントを開催。地域の海の課題を元に開発したメニューの提供や、体験イベント等を実施します。全国で一斉に、海の課題や現状を「食」を通じて伝え、「自分事」としてとらえるよう呼びかけることで、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていきます。

<イベント概要>

[表: https://prtimes.jp/data/corp/77920/table/818_1_5f8025154d421d678dfc2a38a4f1489d.jpg ]



<団体概要>
団体名称:一般社団法人 Blue Commons Japan(ブルーコモンズジャパン)
活動内容:海の問題解決に向けたアクションの輪を広げることを目的とした事業展開「海と食プロジェクト」は、海と食にまつわる有識者のインタビューなど、海と人との関わりを創発し、海を大切にする気持ちをはぐくむ活動を行っています。
海と食プロジェクト公式サイト:https://shoku.uminohi.jp/
[画像3: https://prtimes.jp/i/77920/818/resize/d77920-818-f28b7ba7d4be211ac956-2.png ]

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

このページの先頭へ戻る