• トップ
  • リリース
  • Found MUJI企画展 「世界のかご」開催のお知らせ

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社良品計画

Found MUJI企画展 「世界のかご」開催のお知らせ

(PR TIMES) 2017年05月19日(金)10時16分配信 PR TIMES

 無印良品を企画・開発する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 松崎 曉)は、Found MUJIに
おきまして、2017年6月23日(金)〜2017年9月7日(木)まで、企画展「Found MUJI 世界のかご」を開催いたします。
[画像: https://prtimes.jp/i/987/811/resize/d987-811-257301-0.jpg ]

 「マダガスカル・ベトナムのかご」
 その土地の風景をつくる、くらしの中のかご。
 訪れたたくさんの村や町で印象深かったのは、露店で売られる商品を入れたり、行き交う人々が運ぶかごの姿です。
 人が何かを運ぶ、しまう、モノを入れる道具を必要としたとき、身近にあって簡単に加工できる柔らかい植物をなんとか器状に編み、かごがうまれたことは想像に難くありません。
 熱帯地域では繊維の強いヤシ科の葉、アジアではしなりのある竹、麦作地帯の柔らかな麦わら、寒冷地では木の蔓や皮を。世界中で個別に発達したかごは、地域の気候や植生をそのまま写し取っているかのようです。
 そのかたちには人々のくらし方が表れています。例えば「運ぶ」という用途ひとつをとっても、頭に乗せる、背負う、棒で担ぐなど、持ち方に合わせ進化してきました。

 長い時間をかけ、土地と人の営みがかたちになった道具。世界に無数に存在する「かご」を巡る旅は今回、マダガスカルとベトナムへ。
 インド洋の両端に位置するふたつの国のくらしをひも解いてみました。

【代表的な商品】
  マダガスカル : フルナ・市場のバスケット、ブサカ・丸型バスケット、ラフィア・買い物バッグ
  ベトナム : 市場のかご、タイヤでできたバスケット、ココナツからできたほうき
  ※商品は予告無く変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

【企画概要】
  開催期間 : 2017年6月23日(金)〜2017年8月24日(木) ※有楽町、Found MUJI 青山
  2017年7月7日(金)〜9月7日(木) ※その他店舗
  開催店舗 : Found MUJI 青山/有楽町/シエスタハコダテ/池袋西武/丸井吉祥寺/テラスモール湘南/
        名古屋名鉄百貨店/イオンモールKYOTO/京都BAL/グランフロント大阪/神戸BAL/
        広島パルコ/MUJIキャナルシティ博多
          ※開催店舗は変更になる場合がございます。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る