• トップ
  • リリース
  • 入国・帰国者の2週間の待機場所を提供する一時帰国.com、イル・ド・フランスからの入国・帰国者向け滞在プランを開始(羽田/成田/関空からの送迎付き)

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

matsuri technologies株式会社

入国・帰国者の2週間の待機場所を提供する一時帰国.com、イル・ド・フランスからの入国・帰国者向け滞在プランを開始(羽田/成田/関空からの送迎付き)

(PR TIMES) 2021年04月02日(金)08時45分配信 PR TIMES

圧倒的受入実績! 全帰国者の約1割が問合わせる「一時帰国.com」で新プラン


[画像1: https://prtimes.jp/i/22329/810/resize/d22329-810-631971-4.png ]


帰国者、一時帰国向け自主隔離物件を提供するmatsuri technologies株式会社(本社東京都 新宿区、以下 matsuri technologies)はこのたび、イル・ド・フランスからの一時帰国者様向けに、「一時帰国.com」において「イル・ド・フランス特別プラン」を開始します。



日本への全帰国者の約1割が問合わせ 圧倒的受入実績の「一時帰国.com」

「一時帰国.com」では、これま全欧からご帰国される方を対象としてフランス特別プランを展開しています。これらのプランは、お陰様をもちまして多くの好評をいただいており、2020年4月以降、日本への全帰国者の約1割にあたる数千件を超えるお問い合わせをいただき、数百組の方にご入居をいただいております。

今回、ご好評にお応えし、「イル・ド・フランス特別プラン」を開始します。



イル・ド・フランスからのご帰国者が対象

パリ、ベルサイユ、フォンテーヌブローなどイル・ド・フランスからのご帰国者が対象となります。下記のフォームもしくは、お電話番号よりご連絡をいただき「イル・ド・フランス特別プラン」希望の旨をお伝えください。



全国にお部屋をご用意

ご用意しているお部屋の種類は下記の通りです

展開エリア:東京/大阪/札幌/那覇/福岡/京都
広さ:1K-4LDK
期間:一日-半年
人数:1-16人様々な種類のお部屋(マンスリーマンション、ウィークリーマンション、ホテル、バケーションステイ)をお取り扱いしているため多種多様なお部屋をご用意できます。)
成田・羽田・関空では送迎も承っております。



羽田、成田、関空からの送迎も受付

羽田空港、成田空港、関西国際空港からの送迎も受け付けております。


お問い合わせ先
フォームかお電話でご希望の物件を伺いご提案させていただきます。
お問い合わせフォーム:

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSer093O4JjRsRoEmGU4vClCzNi1-dd3K_9o9jpe-7IpvFdHiQ/viewform

TEL : 03-6233-7534
■LINE窓口
[画像2: https://prtimes.jp/i/22329/810/resize/d22329-810-115079-0.png ]


本サービスは「すまいを自由にする」新世代賃貸プラットフォームSumycaが提供しております。
https://www.sumyca.com/


■Sumycaとは?:

[画像3: https://prtimes.jp/i/22329/810/resize/d22329-810-164045-1.png ]

Sumycaとは「すまいを自由にする」を標語に、スマホで完結する短期賃貸プラットフォームです。様々な暮らし方に対応する物件を掲載し、お客様に利便性がある形でご提案をするためサービスが分化しており、それら全てのサービスの総称を「Sumyca(スミカ)」と読んでいます。


一時帰国後の自主隔離で利用可能な物件は「Sumyca」で検索できます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/22329/810/resize/d22329-810-157522-2.png ]


検索例:東京で一時帰国後の自主隔離に利用できる物件

https://www.sumyca.com/search?query=%E6%9D%B1%E4%BA%AC&tag=%E4%B8%80%E6%99%82%E5%B8%B0%E5%9B%BD


マンスリーマンションなど短期賃貸は、「Sumyca」で検索!
[画像5: https://prtimes.jp/i/22329/810/resize/d22329-810-381421-3.png ]



プレスリリース提供:PR TIMES

このページの先頭へ戻る