• トップ
  • リリース
  • 完全無料招待の500名を前に熱唱!「SPACE SHOWER TV × J:COM BEGIN Precious Live」

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社スペースシャワーネットワーク

完全無料招待の500名を前に熱唱!「SPACE SHOWER TV × J:COM BEGIN Precious Live」

(PR TIMES) 2016年11月13日(日)17時19分配信 PR TIMES


[画像1: http://prtimes.jp/i/2929/790/resize/d2929-790-806787-0.jpg ]


株式会社スペースシャワーネットワーク(本社:東京都港区、代表取締役社長:清水英明)が運営する日本最大の音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」と国内最大手のケーブルテレビ会社である株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:牧俊夫)は、11月12日(土)に千葉県・青葉の森公園芸術文化ホールにて、BEGINを迎えたスペシャルライブを開催いたしました。

これまでに神奈川、福岡、大阪、仙台、札幌、北九州、神戸で実施されてきた、スペースシャワーTVとJ:COMのタッグで贈る完全招待制のプレミアムライブ。今年は千葉での開催となりました。全国から多数のご応募をいただき、幸運にも選ばれた500名がこの日限りのプレミアムライブを堪能。同時に、約1350万世帯で視聴可能な「J:COMテレビ」*にて生中継も行われました。

なお本イベントは、イベントの熱気冷めやらぬ12月18日(日)にスペースシャワーTVにて90分の完全版として放送することが決定しております。
*J:COM対応済の建物にお住いならどなたでも無料で視聴可能 / 視聴可能世帯数は約1350万世帯で視聴可能(2016年9月末時点)

【イベント概要】
「SPACE SHOWER TV × J:COM BEGIN Precious Live」
開催日時…2016年11月12日(土)
会場…青葉の森公園芸術文化ホール (千葉県千葉市 中央区青葉町977−1)
・募集人数 250組500名様
イベントホームページ…http://www.spaceshowertv.com/begin/

【完全版放送概要】
「BEGIN Precious Live」
・放送日程 初回放送:2016年12月18日(日)21:00〜22:30リピート放送:12月28日(水) 20:00〜、1月予定
・放送チャンネル スペースシャワーTV
スペースシャワーTVはJ:COM 350chほかでご覧になれる日本最大の音楽専門チャンネルです。

--------------------------------------------
<LIVE REPORT>


11月12日(土)、千葉・青葉の森公園芸術文化ホールでスペースシャワーTV×J:COMの主催によるBEGINのスペシャルライブ「SPACE SHOWER TV × J:COM BEGIN Precious Live」が開催された。J:COM加入者250組500名が招待されたこのライブは、応募時に当日演奏してほしい楽曲を募集。ふだんのライブとは一味違うステージが繰り広げられた。

[画像2: http://prtimes.jp/i/2929/790/resize/d2929-790-947345-3.jpg ]

このライブはJ:COMの無料コミュニティチャンネル「J:COMテレビ」(無料)で生中継。ステージに登場した比嘉栄昇(Vo)「僕達は沖縄の石垣島で生まれ育ちました。いわゆる“ウチナー・タイム”が身に付いた僕達に生放送を任していいのかと、恐怖におののいています(笑)。会場のみなさん、お茶の間のみなさんと時間を忘れるようなライブをやりたいと思います!」と挨拶し、「定価ブルーズ」「俺は嫌って言う」、さらに最新シングル「網にも掛からん別れ話」(東海テレビ・フジテレビ系全国ネット 大人の土ドラ「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」主題歌)といったブルース・テイストの楽曲を次々と披露。アコギ、一五一会(BEGINが考案したオリジナル弦楽器)などの生楽器を主体としたオーガニックなバンドサウンド、切なさと愛らしさを共存させた歌によって、BEGINにしか表現できない音楽空間を生み出していく。ルーツミュージックからの影響を色濃く反映させながら、オーディエンスのそばに寄り添うような歌を描き出す彼らの音楽性は、25周年を超えてさらに深みを増しているようだ。


[画像3: http://prtimes.jp/i/2929/790/resize/d2929-790-768536-4.jpg ]

この後、上地等(Pf&Vo)がブラジルに渡った沖縄の人々の心を歌う「帰郷」、ハワイアンとブラジリアンのリズムが混ざった「アサイ―ボウル」などを演奏。ロックンロール調の「国道508号線」では観客が立ち上がって歓声を送り、会場全体が解放的な雰囲気に包まれる。ライブ中盤では2016年の音楽シーンの話題を集めた「海の声」を島袋優(Gt&Vo)が歌唱。三線の音色と沖縄の民謡を思わせるメロディ、「海の声が 知りたくて」というフレーズが響き、大きな感動へとつながった。

ここからライブは後半へ。まずは“マルシャメドレー”。ブラジルで受け継がれているマルシャという音楽のリズムとともに「上を向いて歩こう」「また逢う日まで」といった昭和歌謡の名曲、「オジー自慢のオリオンビール」「笑顔のまんま」などのオリジナル曲をつなげ、心地よい高揚感が広がる。メドレーのラストを飾った「バルーン」では会場に大きな風船が投げ込まれる演出も。世界中の音楽を有機的に結びつけるようなサウンド、温かい雰囲気に溢れたステージングは、まさにBEGINの魅力そのものだ。

[画像4: http://prtimes.jp/i/2929/790/resize/d2929-790-658199-1.jpg ]

「生中継の時間がもう過ぎていますが、J:COMさんのご厚意により延ばしていただいてます。事前に歌ってほしい曲を送ってもらっていて、その2位の曲をやりたいと思います」(比嘉)という言葉から、代表曲のひとつである「涙そうそう」へ。リリースから15年以上が経ち、日本を代表するスタンダード・ナンバーとなったこの曲を彼らは、素朴で美しいアコースティック・アレンジで披露。別れてしまった人を想う歌は、聴く者のすべての心をしっかりと揺さぶったはずだ。

「またこういった機会があったらいいですね。素敵な時間をみなさんからいただきました。本当にありがとうございます」(比嘉)という言葉の後は「島人ぬ宝」。故郷の風景と人々を描いた歌、沖縄の伝統音楽とポップスを融合させたこの名曲によって、ライブ本編は終了。さらにアンコールの声に応え、「パーマ屋ゆんた」「ボトル二本とチョコレート」を披露し、このプレミアム・ライブはエンディングを迎えた。
[画像5: http://prtimes.jp/i/2929/790/resize/d2929-790-796097-5.jpg ]

スペースシャワーTVでは「SPACE SHOWER TV×J:COM BEGIN Precious Live」の模様を90分特別番組として12月にオンエア(初回放送12/18(日)21:00〜22:30 リピート12/28(水)20:00〜、1月予定)。こちらもぜひチェックしてほしい。

<セットリスト>
M1. 定価ブルーズ/M2. 俺は嫌って言う/M3. 網にも掛からん別れ話/M4. 帰郷/M5. パナマ帽をかぶって/M6. アサイーボウル/M7. 国道508号線/M8. 海の声/M9. マルシャメドレー(上を向いて歩こう〜また逢う日まで〜月がとっても青いから〜いつでも夢を〜イチャリバオハナ〜オジー自慢のオリオンビール〜笑顔のまんま〜バルーン)/M10. 涙そうそう/M11. 島人ぬ宝/EN1. パーマ屋ゆんた/EN2. ボトル二本とチョコレート (※特別番組での放送楽曲は未定です)

[画像6: http://prtimes.jp/i/2929/790/resize/d2929-790-206660-2.jpg ]


文:森朋之 / 写真:浜野カズシ
--------------------------------------------


<artist info>
◆BEGINニューシングル
「網にも掛からん別れ話」 発売中
TECI-523 /価格 1,111 円 + 税

「網にも掛からん別れ話」MV
https://www.youtube.com/watch?v=kVOxisybefM

◆BEGIN コンサート 2016-2017」開催中!

◆BEGIN オフィシャルサイト
http://www.begin1990.com



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る