• トップ
  • リリース
  • 細断くずを圧縮し、ごみ捨ての回数を減らせるクロスカットシュレッダーを発売。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

サンワサプライ株式会社

細断くずを圧縮し、ごみ捨ての回数を減らせるクロスカットシュレッダーを発売。

(PR TIMES) 2017年02月14日(火)09時30分配信 PR TIMES

サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田哲也)は、ハンドル部分を押し込んで細断くずを圧縮できるクロスカットシュレッダー、「PSD-AF1044」を発売しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/11495/789/resize/d11495-789-491382-12.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/11495/789/resize/d11495-789-117595-14.jpg ]

■クロスカットシュレッダー(細断くず圧縮タイプ)
品番:PSD-AF1044
オープン価格
商品ページ:http://sanwa.jp/pr/PSD-AF1044

「PSD-AF1044」は、細断くずを圧縮し、ごみ捨ての回数を減らすことができるクロスカットシュレッダーです。
ハンドル部分を押し込むだけで細断くずを圧縮できるので、簡単で手も汚れません。一度にA4コピー用紙10枚まで同時に細断でき、またクレジットカードなどの各種カードのクロスカット細断も可能です。細断形状は5×43mmのクロスカットで個人情報などの情報漏えい対策に最適です。
ダストボックスは約21リットルで、圧縮するとA4コピー用紙約420枚分を収容できる大容量タイプです。小窓付きで、中の細断くずの量が一目で分かります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/11495/789/resize/d11495-789-447849-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/11495/789/resize/d11495-789-631944-0.jpg ]


投入口に紙が投入されると自動的に細断し、終了すると自動的に停止するオートスタート&ストップモード機能を搭載しています。また、紙詰まりによるモーターの焼き付けを防止するオートカットオフ機能と、紙詰まり時に用紙を安全に取り出せる逆回転スイッチも付いており、安全性能にも優れています。
[画像5: https://prtimes.jp/i/11495/789/resize/d11495-789-646490-1.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/11495/789/resize/d11495-789-819163-7.jpg ]


ハンドル部分はロックすることで、シュレッダー全体を持ち運ぶときにも便利に使えます。サイズは、幅332×奥行き198×高さ450mm、重量は約5.5kgです。

製品画像データにつきましては、サンワサプライWEBサイトにあります「画像データベースシステム」(下記URL)よりダウンロードお願いいたします。
http://www.sanwa.co.jp/imagedb/imagedb.asp?sku=PSD-AF1044
----------------------------------------------------------------------
★サンワサプライHP
http://www.sanwa.co.jp/
★youtubeチャンネル
http://sanwa.jp/youtube
★facebookファンページ
https://www.facebook.com/SanwaSupplyJP
★twitter @sanwainfo
https://twitter.com/sanwainfo
★サンワサプライ公式アプリ「サンワガチャ」
http://www.sanwa.co.jp/apps/gacha/index.html
-----------------------------------------------------------------------
※このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る