• トップ
  • リリース
  • 液晶ディスプレイやスクリーンを電子黒板に!簡単操作ですぐに使えるICT機器を発売。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

サンワサプライ株式会社

液晶ディスプレイやスクリーンを電子黒板に!簡単操作ですぐに使えるICT機器を発売。

(PR TIMES) 2017年02月09日(木)19時21分配信 PR TIMES

サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田哲也)は、一般的な液晶ディスプレイやスクリーンを電子黒板化するICT機器「MED-1S」を発売しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/11495/786/resize/d11495-786-761411-4.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/11495/786/resize/d11495-786-740095-1.jpg ]

■インタラクティブホワイトボード
品番:MED-1S
標準価格:¥86,400(税抜き ¥80,000)
商品ページ:http://sanwa.jp/pr/MED-1S

「MED-1S」は、大画面のディスプレイやスクリーンに映し出したパソコンの画像に専用のインタラクティブペンで直接書き込みできるICT機器です。既存のプロジェクターやスクリーンと組み合わせるだけで、手軽に電子黒板化できます。

本製品は、インタラクティブペンとセンサーカムのセットです。ペンの動きをセンサーで読み取り、専用ソフトをインストールしたパソコンと連動することでスクリーン画面上に絵や文字を書くことを可能にします。

会議中のアイデアなどを直接画面に書き込めるので、会議の効率化を図れます。ディスプレイの画面や書き込みは全て保存可能なので、会議などでの使用時に議事録を作成することなくそのまま残すことができます。ペンをマウスのように使い、画面上で直接パソコン操作をすることもできるので、プレゼンがスムーズに進行できます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/11495/786/resize/d11495-786-379000-5.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/11495/786/resize/d11495-786-707453-7.jpg ]


40インチから100インチまでの幅広いサイズの大画面ディスプレイやスクリーンに対応しているので、様々な環境に合わせて使用が可能です。一般的なインタラクティブ機能付きの電子黒板よりも、低コストでの導入が可能です。軽量でコンパクトなので持ち運ぶことも簡単で、幅広い用途で使用できます。スクリーン上のペンの動きを読み取るセンサーカムは、机上への配置の他、壁や三脚にも取り付け可能なので、状況に合わせて設置できます。
サイズは、センサーカムが幅4.8×奥行き4.0×高さ7.6cmです。インタラクティブペンは直径1.6×20cmです。

製品画像データにつきましては、サンワサプライWEBサイトにあります「画像データベースシステム」(下記URL)よりダウンロードお願いいたします。
https://www.sanwa.co.jp/imagedb/imagedb.asp?sku=MED-1S
----------------------------------------------------------------------
★サンワサプライHP
http://www.sanwa.co.jp/
★youtubeチャンネル
http://sanwa.jp/youtube
★facebookファンページ
https://www.facebook.com/SanwaSupplyJP
★twitter @sanwainfo
https://twitter.com/sanwainfo
★サンワサプライ公式アプリ「サンワガチャ」
http://www.sanwa.co.jp/apps/gacha/index.html
-----------------------------------------------------------------------
※このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る