プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

大和ハウス工業株式会社

「Transightモジュラーシステム」販売開始

(PR TIMES) 2017年04月05日(水)16時27分配信 PR TIMES

新規事業プロジェクト「Transight(トランサイト)」第1弾商品

 大和ハウスグループの株式会社デザインアーク(本社:大阪市、社長:島正登)は、2013年から取り組んできた新規事業プロジェクト「Transight(トランサイト)」(※1)の第1弾商品となる「Transightモジュラーシステム(以下、Transight MS)」を、2017年4月5日より店舗やオフィス、宿泊施設、教育施設、展示会等向けに販売開始します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/2296/773/resize/d2296-773-544492-0.jpg ]

【Transightモジュラーシステムのカーディーラー展開イメージ】

 当社は、スマート化、IoT(※2)化していく潮流のなかで、戸建住宅やインテリアを中心とした既存事業にとらわれず、それらに対応した新たなビジネスモデルを構築するため、2013年2月に新規事業プロジェクト「Transight」を立ち上げました。
 以来、その主旨に共感いただいたさまざまな業種・業態の企業様をパートナーに、オープンイノベーションによる企画開発を行ってきましたが、このたび販売を開始することとなりました。
 「Transight MS」は、本プロジェクトの基幹となる業界初(※3)のPSE(※4)適合、組立式通電型のモジュラーシステム(※5)です。
※1 さまざまな業種・業態との協業により、これまでにない空間・ワクワクする体験・夢のあるビジネスを追求し、新たな価値を生み出していくことを目的とした共創プロジェクト。これからも多様なパートナー企業、クリエイターとの共創によりさらなる事業展開を図る。
※2 Internet of Thingsの略。世の中に存在する様々な物体に通信機能を持たせ、インターネット接続や相互通信により自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うこと。
※3 本製品は「組立式かつ通電型」のモジュラーシステムとして初めて、電気用品安全法に基づく事業届を提出した商品。
※4 Product Safety Electrical Appliance and Materialsの略で電気用品安全法のこと。本製品は電気用品安全法上、『特定電気用品以外の電気用品』の扱い。
※5 寸法・形状・結合方式等が一定のルールにより規格化され体系化された組立式の家具・什器のこと。

●ポイント
1. 全ての景色を変える「Transight MS」
2. フレームを差し込んでひねるだけで、組立・分解・組替が可能な独自機構(PSE適合)
3. 未来につなぐ価値を、お客様・パートナー様と共創するツール

●ポイント
1.全ての景色を変える「Transight MS」
「Transight MS」は、お客さまのご要望やビジネストレンドの変化に合わせて、自在にレイアウトを構成・再編集できます。簡単に構成パーツの組み立て・組み換えが可能なジョイント機構(※6)を活かして、店舗や施設のレイアウトを次々と変更できます。また、ユーザー様参加型で最適なオフィス空間を創りあげる等、従来とは異なるアプローチでの空間創造に活用いただけます。そして、リユースも可能となるエコロジカルな商品です。
 フレームに内蔵された通電機能により、電気電子製品・IoT機器・デジタルサイネージ等の搭載も実現。幅広い機能や要素を加えることで、担う役割が幾通りにも広がります。
 カラー展開は、標準ホワイト色・オプション8色の全9色展開とし、特注オーダー塗装にも対応可能です。全てのパーツは、シャープな水平・垂直ラインを基調に幾何学的なディテールを取り入れ、モダンな建築空間に馴染むようデザインされました。
※6 特許出願中

[画像2: https://prtimes.jp/i/2296/773/resize/d2296-773-818020-1.jpg ]

【ジョイント機構(特許出願中)】

[画像3: https://prtimes.jp/i/2296/773/resize/d2296-773-224641-2.jpg ]

【LED照明パネル設置イメージ】

[画像4: https://prtimes.jp/i/2296/773/resize/d2296-773-668074-3.jpg ]

【カラー展開】

2.フレームを差し込んでひねるだけで、組立・分解・組替が可能な独自機構(PSE適合)
 「Transight MS」は、縦38cm、横71cm、奥行き45cmを一つのモジュール単位とし、規格化・工業製品化された最小限のパーツを用途に合わせて組み合わせることで、多様な空間を創り出します。アルミ押出のフレームは断面形状を八角形として、軽さと強度を両立しました。
 システム最大の特長は、電気工事士等の専門技術資格不要(※7)でかつ、専用工具を使うことなく短時間で組み立てられる独自機構を開発し、搭載している点です。誰もが自由にレイアウトを柔軟に変更でき、コンセント付の縦型フレームを「Transight MS」の任意の縦列に配置して周辺機器の電源を取ることができます。
※7 当社指定の「Transigh MS」標準パーツを使用した場合に限る。

[画像5: https://prtimes.jp/i/2296/773/resize/d2296-773-571734-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/2296/773/resize/d2296-773-472380-5.jpg ]

【コンセント付の縦型フレーム】

[画像7: https://prtimes.jp/i/2296/773/resize/d2296-773-703706-6.jpg ]

【八角形のフレーム断面形状】

3.未来につなぐ価値を、お客様・パートナー様と共創するツール
 「Transight MS」は多様なパートナー企業、クリエイターとの共創から生まれた商品第1弾で、今後もオープンイノベーションでの開発を進めていきます。なお、今後新たに開発されるプロダクトやサービスは、全てのお客さま・パートナー様にフィードバックしていきます。
 当社は、現在のニーズの実現だけでなく、数年先のニーズを一緒に考えることで、社会動向を先取りした「Transight MS」の活用法やレイアウト変更のご提案、アフターメンテナンス、最新技術のご案内などを提供する予定です。

●今後について
 法人様向けの展開を軸に、店舗やオフィス、宿泊施設、教育施設、展示会等をターゲットに提案を行います。「Transight MS」については、販売だけでなくリースでの提供も行う予定です。
 将来的には、ユーザー様向けや海外での展開を視野に入れ、家具という概念を超えた「近未来のライフスタイル提案」にも取り組みます。今後もお客さま・パートナー様とともに、「Transight MS」に組み込まれるアプリケーション、サービス、コンテンツの幅を広げながら、社会の変化に柔軟に対応できる新たな事業展開を進めていきます。

◆商品概要
名  称:「Transightモジュラーシステム」
寸  法:縦38cm、横71cm、奥行き45cm (基本モジュール)
カ ラ ー:標準色ホワイト+オプション色8色
参考価格

[画像8: https://prtimes.jp/i/2296/773/resize/d2296-773-307444-7.jpg ]

570,000円 <標準色ホワイト、通電システムを含む>(税込)

[画像9: https://prtimes.jp/i/2296/773/resize/d2296-773-485516-8.jpg ]


1,290,000円 <オプション色、引出し・扉9面を含む>(税込)

[画像10: https://prtimes.jp/i/2296/773/resize/d2296-773-333359-9.jpg ]

1,490,000円 <標準色ホワイト、通電システム、ミラーガラス・大型モニタ、引出し4面を含む、映像再生装置及コンテンツを除く>(税込)
「Transight MS」の組み合わせ方やオプションにより、都度お見積もりします。

事業目標:初年度売上1億円、2020年度売上30億円(「Transight MS」を含む空間提案の受注による)

◆Transightホームページ
URL:http://www.designarc.co.jp/transight/

◆ライブオフィス
株式会社デザインアーク トランサイトプロジェクト室
〒106-0032 東京都港区六本木7-4-8 ウインドビル3F
アクセス: 地下鉄乃木坂駅(3番出口)徒歩4分、地下鉄六本木駅(7番出口)徒歩4分
営業時間: 10:00-17:00 ※予約制 (土・日、祝休)
ご予約: TEL 03-5413-7962

■プロジェクト・商品に関するお問い合わせ先
株式会社デザインアーク トランサイトプロジェクト室
担当:石川・小室・坂口 TEL:03-5413-7962 FAX:03-5413-6769
E-MAIL:transight@designarc.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る