• トップ
  • リリース
  • 高精度センシング用途向けにクラス最高の低ノイズ小型LDOレギュレータを発表

プレスリリース

  • 記事画像1

STマイクロエレクトロニクス

高精度センシング用途向けにクラス最高の低ノイズ小型LDOレギュレータを発表

(PR TIMES) 2017年02月10日(金)09時31分配信 PR TIMES


[画像: https://prtimes.jp/i/1337/760/resize/d1337-760-772825-0.jpg ]

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、新しい低ドロップアウト(LDO)レギュレータであるLDLN025を発表しました。同製品は、出力電流とフットプリントが同等の製品の中でクラス最高のノイズ特性を実現しており、全負荷状態(250mA)でのノイズレベルは6.5uVrms未満、サイズはわずか0.63mm X 0.63mmです。

高い精度と感度を持つLDLN025は、ADC、VCO、センサなどの精密なICに、極めて平滑かつ安定した電圧を供給します。小型サイズの同製品は、スマートフォン、スマート・ウォッチ、フィットネス・モニタ、医療用センサや無線IoTデバイスなど、スペースに制約のある機器のさまざまな機能の実装をサポートします。

LDLN025は、低ノイズ動作と、80dB(120Hz)の優れたPSRR(電源電圧変動除去比)を組み合わせています。出力フィルタは不要で、2個の小型セラミック・コンデンサのみで安定して動作するため、システム設計が簡略化され、部品コストとボード面積が節約することができます。また、低い静止電流(無負荷時:12uA、外部イネーブル・ピンで制御するシャットダウン・モード時:0.2uA)が、全体の消費電力を低減し、携帯機器などのバッテリを長寿命化します。

LDLN025の入力電圧範囲は1.5〜5.5Vで、標準ドロップアウト電圧は120mVです。1.2〜5.0Vの間の固定出力電圧が選択可能です。

LDLN025は、フリップチップ型の4バンプ・パッケージ(0.63 x 0.63mm)に加え、4リードのQFNパッケージ(1 x 1mm)でも提供されます。SOT23-5Lパッケージ品(2.95 X 1.6mm)は現在開発中です。単価は1000個購入時に約0.15ドルです。サンプルおよび特定出力電圧の製品は現在入手可能で、今後、その他出力電圧の製品についても入手可能になる予定です。

詳細については、 http://www.st.com/ldln025-pr をご覧ください。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2016年の売上は69.7億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト
http://www.st.com/jp )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
アナログ & MEMS製品グループ
TEL : 03-5783-8250 FAX : 03-5783-8216

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る