• トップ
  • リリース
  • ベンチャー投資を本格化、「資生堂ベンチャーパートナーズ」を設置 ―第1号案件、ドリコス株式会社へ出資―

プレスリリース

  • 記事画像1

ベンチャー投資を本格化、「資生堂ベンチャーパートナーズ」を設置 ―第1号案件、ドリコス株式会社へ出資―

(PR TIMES) 2016年12月09日(金)13時58分配信 PR TIMES


 資生堂は、先進的な事業を展開しているベンチャー企業への投資に取り組む専門的な社内組織「資生堂ベンチャーパートナーズ」(以下、SVP)を設置します。
 これは、当社が掲げるオープンイノベーションの一環となるもので、投資先の企業に対して財務面、事業面でのサポートを行い、将来の事業提携なども視野に入れて共に成長することを目指します。
 第1号案件として、ドリコス株式会社(本社:神奈川県横須賀市 代表取締役:竹康宏 以下、ドリコス)への出資を決定しました。

《1.SVPの設置について》
 当社が推進するオープンイノベーションは、自社以外の技術やアイデアを組み合わせることによって、「美」に関する革新的な商品・サービスを創造し、新たな価値や市場を生み出すことです。その目的は、グローバルな競争での優位性を保ち、業界をリードする存在であり続けることにあります。そのため、当社ビジネスデベロップメント部内にコーポレートベンチャーキャピタルの機能を持つSVPを新たに設置し、当社のこうした考え方を具現化していきます。
 SVPは、当社内部からは生み出せない将来の経営資源を持つ投資対象の選定および適切な投資金額の検証を行います。有望なベンチャー企業への投資を積極的に進めることで、当社の中長期戦略「VISION 2020」実現の加速につなげていきます。
 また、SVPが行う一連の業務を通じ、ベンチャー業界が有する経営感覚や、独自のアイデアを事業化するプロセス・スピードなどを当社社員にも体得させ、人材の育成に繋げることも狙いとしています。

【概要】
名称:資生堂ベンチャーパートナーズ(Shiseido Venture Partners :略称SVP)
事業内容:ベンチャー企業への出資
投資枠:30億円
対象領域:「美」を生み出す技術、「美」を伝え、創りだすアイデアや技術、「美」を届ける新たなビジネスの仕組み
連絡先:contact_svp@shiseidoventurepartners.jp
HP: http://www.shiseidoventurepartners.jp/?rt_pr=tr733
[画像: http://prtimes.jp/i/5794/756/resize/d5794-756-328755-0.jpg ]

《2.ドリコス株式会社への出資について》
 ドリコスは、生体・身体データを解析し、必要な栄養素をオーダーメイドで提供するサプリメントサーバの開発を行っています。 世界的な健康志向、高齢化に伴う健康食品への需要増が見込まれ、さらに近年あらゆる分野で多様化するお客さま一人ひとりに合わせて商品・サービスを最適化する傾向が見られることから、今後大きな成長を見込めると判断し、第1号案件として出資を決定しました。今後、同社の商品を活用した新たなサービスの開発に向けて取り組んでいきます。

【会社概要】
会社名:ドリコス株式会社
代表取締役:竹康宏
所在地:神奈川県横須賀市追浜南町
設立年月日:2012年1月
事業内容: 必要な栄養素をオーダーメイドで提供するサプリメントサーバの開発・製造
HP:http://dricos.co.jp/


▼ ニュースリリース
http://www.shiseidogroup.jp/news/detail.html?n=00000000002083&rt_pr=tr733

▼ 資生堂グループ企業情報サイト
http://www.shiseidogroup.jp/?rt_pr=tr733

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る