• トップ
  • リリース
  • 「経験やスキルを活かした多業務/専門業務への対応」「定着率がいい」「シニア雇用企業」がシニアを高く評価

プレスリリース

「経験やスキルを活かした多業務/専門業務への対応」「定着率がいい」「シニア雇用企業」がシニアを高く評価

(PR TIMES) 2019年06月04日(火)11時40分配信 PR TIMES

 ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮、以下当社)のディップ総合研究所は、「シニア(※)雇用の意識調査」を実施しましたので、お知らせいたします。
※60歳以上の方と定義しています
■調査結果サマリ
・シニアの雇用を進めている企業が全体の約8割に上るものの、積極的な雇用ではないと回答した企業が半数以上
・「シニア雇用企業」は、「経験やスキルを活かした多業務/専門業務への対応」「定着率がいい」といった項目でシニアを高く評価
・「シニアと就業経験のない人」は、「シニア雇用企業」「シニアとの就業経験のある人」に比べて「仕事の物覚え」「指導時に気を遣う」といった項目で特にネガティブなイメージを持っている
[画像1: https://prtimes.jp/i/2302/751/resize/d2302-751-926799-4.png ]



「シニア雇用の意識調査」:https://www.baitoru.com/dipsouken/all/detail/id=338


■調査結果概要
1.企業のシニア雇用の現状
シニアの雇用を進めている企業が全体の約8割に上るものの、積極的な雇用ではないと回答した企業が半数以上を占めました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/2302/751/resize/d2302-751-463005-0.png ]


2.シニアの業務上、職場上における良い面(もしくは良いイメージ)
「経験やスキルを活かした多業務/専門業務への対応」「定着率がいい」といった項目では、「シニア雇用企業」が高く評価しており、「シニアとの就業経験のある人」は、「何かあった時に頼りになる・安心感がある」が42.0%で高評価となりました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/2302/751/resize/d2302-751-272311-2.png ]

3.シニアの業務上、職場上における困る面(もしくは困りそうなイメージ)
「仕事の物覚え」「指導時に気を遣う」といった項目では、「シニア雇用企業」と「シニアとの就業経験のある人」の回答と比べ「シニアと就業経験のない人」の回答が10pt以上大きくなるなど、シニアと就業したことのない人の方が、シニアに対してネガティブなイメージを持っていることがわかりました。

[画像4: https://prtimes.jp/i/2302/751/resize/d2302-751-647237-3.png ]


その他、調査の詳細は下記URLにて公開しています。
「シニア雇用の意識調査」:https://www.baitoru.com/dipsouken/all/detail/id=338

■調査概要
調査設計・分析:ディップ総合研究所 ディップレポート編集室
調査名:ディップ総合研究所「シニア雇用の意識調査」
調査手法:インターネット調査(外部調査機関)
調査対象:47都道府県に在住し、現在就業中のある18〜54歳の男女(就業者アンケート/558サンプル)、47都道府県に在住し、企業の人事を担当している30〜59歳の男女(企業アンケート/206社 ※同一企業が含まれている可能性あり。)
調査実施時期:2019年4月12日(金)〜2019年4月15日(月)
※当調査結果を引用・転載される際は、下記表記をお願いいたします。
出典:ディップ総合研究所「シニア雇用の意識調査」(https://www.baitoru.com/dipsouken/all/detail/id=338
※インターネットメディアへご掲載いただく場合は、ディップ総合研究所TOPページ(https://www.baitoru.com/dipsouken/)または、アンケート調査結果ページ(https://www.baitoru.com/dipsouken/all/detail/id=338)のURLを記載ください。

ディップ総合研究所 概要
ディップ総合研究所は、アルバイト・パート・派遣社員・正社員など働く人すべての気持ちや本音・許容や理想を、調査を通して明らかにするため、2019年1月17日に開設しました。経営層から人事・採用担当者向けに、“採用活動やその後の育成・定着を成功に導く”実践的なコンテンツを提供することで、「採用された人材が活躍し、働く人と企業がともに輝ける社会」の実現を目指します。
ディップ総合研究所:https://www.baitoru.com/dipsouken/

当社概要
 当社は、アルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」、正社員・契約社員求人情報サイト「バイトルNEXT」、総合求人情報サイト「はたらこねっと」、看護師人材紹介サービス「ナースではたらこ」を通じ、求職者と求人企業双方にとって利便性の高いサービスを提供することで社会を改善する存在となる事を目指しています。2004年5月東証マザーズ上場、2013年12月東証一部上場。2019年2月期売上高421億円。
 2016年には「dip AI.Lab」を設立。日本初のAI専門メディア「AINOW」や日本初のAIスタートアップ支援制度「AI.Accelerator」の運営などを行っています。
社名:ディップ株式会社
代表:代表取締役社長 兼CEO 冨田 英揮
本社:東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー31F
電話:03-5114-1177(代表)
設立:1997年3月
資本金:1,085百万円 (2019年2月末現在)
従業員数:1,967名(2019年4月1日現在の正社員)※契約・アルバイト・派遣社員除く
事業内容:求人情報サイト「バイトル」「バイトルNEXT」「はたらこねっと」などの運営、看護師転職支援サービス、他
URL:https://www.dip-net.co.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る