• トップ
  • リリース
  • SHIBUYA TSUTAYAによる渋谷をもっと楽しくするプロジェクト「NEST」第2弾は、奥冨直人(BOY)がディレクションする気鋭LIVE イベント開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

SHIBUYA TSUTAYAによる渋谷をもっと楽しくするプロジェクト「NEST」第2弾は、奥冨直人(BOY)がディレクションする気鋭LIVE イベント開催

(PR TIMES) 2019年02月15日(金)17時40分配信 PR TIMES

スクランブル交差点の頭上で、新しい音楽のぶつかり合いが生まれる!!

2月19日(火)20時〜 SHIBUYA TSUTAYA 7Fにて音楽イベント「T7」を開催します。
2019年2月1日よりSHIBUYA TSUTAYAが若きクリエイターと渋谷を楽しくするプロジェクト「NEST」を本格始動!
第2弾は、奥冨直人(BOY)がディレクションする気鋭LIVE イベント「T7」(ティーセブン)を開催!
スクランブル交差点の頭上で、新しい音楽のぶつかり合いが生まれる!


2月1日を皮切りにSHIBUYA TSUTAYAが本格始動した渋谷をもっと楽しくするプロジェクト「NEST」。
本プロジェクトのローンチイベント 第二弾は、渋谷カルチャーを象徴するヴィンテージショップ「BOY」のオーナー奥冨直人をディレクターに迎え、新たに立ち上げた音楽LIVE「T7」(読み:ティーセブン)を開催!

1日50万人が通行すると言われるスクランブル交差点の頭上で繰り広げられる異種格闘技のように、ジャンルの垣根を超えた音楽がぶつかり合う気鋭のLIVEイベント。

奥冨自らブッキングも行い、ストリートシーンで注目を集める新進気鋭の20代前半アーティスト3組が出演する。

[画像1: https://prtimes.jp/i/18760/746/resize/d18760-746-561387-1.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/18760/746/resize/d18760-746-805066-0.jpg ]


【奥冨直人(BOY)】
「FASHION&MUSIC」を掲げ、渋谷・宇田川町から最新のカルチャーを発信し、自らDJとしても活動する古着屋「BOY」の奥冨直人。インディーシーンに詳しく音楽に精通したアイコン的存在として、TVやラジオの音楽番組を始め、ファッションやカルチャー界など様々なメディアから注目を集める。
https://www.instagram.com/tommy_okutomi/


■「T7」イベント詳細情報
開催日時:2019年2月19日(火)20:00〜23:00
場所:SHIBUYA TSUTAYA 7階 WIRED TOKYO 1999
   東京都渋谷区宇田川町21-6
※入場料無料、別途1D(¥700)必要

LIVE ARTIST


・Tohji [トウジ]
ロンドンで生まれ横浜郊外で育つ。中高を六本木で過ごし高校をドロップアウト後、音楽活動を開始。SoundCloud上で国内外のラッパー・プロデューサーと数々の作品を発表。ヒップホップ内外に通ずるオルタナティブな感覚を持つ新時代の旗手としてAbemaTV/FNMNLなど国内メディアに多数取り上げられ、すでに東京の若者を中心にカルト的な人気を誇る。自身二枚目のepとして話題を集めた「EP9.97」をリリース後、Apple Music Japan best of the weekにも選出、渋谷WWWβでのリリースパーティーを大盛況と熱狂のうちに終える。
同ep収録全曲のミュージックビデオを自身で監督しメディアで話題に。映像作家として自身のチームを持つ。 2018年末には旧友であるgummyboyとのコレクティブユニット「Mall Boyz」としてepを発表、その勢いのままに自身初のフェス出演となる「The Star Festival」にてライブを行った。
https://www.instagram.com/_tohji_/?hl=ja
[画像3: https://prtimes.jp/i/18760/746/resize/d18760-746-661660-2.jpg ]


・長谷川白紙
20歳音楽家。2016年頃よりSoundCloudなどで作品を発表しSNSを中心に話題を呼ぶ。17年11月にMaltine RecordsよりフリーEP作品『アイフォーン・シックス・プラス』を発表。2018年12月、初のCD作品『草木萌動』をリリースした。鍵盤生演奏を交えたライブにも注目が集まっている。
https://twitter.com/hsgwhks
[画像4: https://prtimes.jp/i/18760/746/resize/d18760-746-621045-3.jpg ]


・NTsKi
京都出身のSSW/プロデューサー。シングル「H S K」「Fig」「真夏のラビリンス」「Tree Song」「1992」をセルフリリース。どこか不気味さの漂うボーカルと多様な音楽性が混在するトラックは唯一無二であり、個人での制作以外にロサンゼルスのレーベルTARから食品まつり a.k.a Foodmanとのコラボ楽曲を発表した。またblue OG natsuki名義でラップも行うなど、あらゆる枠を飛び越えシームレスに活動している。
https://www.instagram.com/ntski/?hl=ja
[画像5: https://prtimes.jp/i/18760/746/resize/d18760-746-265678-4.jpg ]




NEST 開催実績

●ローンチイベント 第1弾
HIGH(re) magazine 編集長haru.をディレクターに迎え、「HIGH(er) magazine CURATION POP-UP」(※3月14日まで開催中)と、2月1日には最新号「HIGH(re) magazine issue No.5」のリリースイベントを開催。haru.とNEUT magazine編集長・平山潤によるトークセッション、MIRRRORによるSPECIAL LIVEで100名以上を動員し会場を盛り上げた。POP-UPでは、haru.によるブックキュレーションのほか、SHIBUYA TSUTAYAのプライベートレーベルから、小林真梨子・片岡亮介・黒田零の3名のクリエイターが限定ZINEを刊行した
[画像6: https://prtimes.jp/i/18760/746/resize/d18760-746-797529-5.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/18760/746/resize/d18760-746-611331-6.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/18760/746/resize/d18760-746-130026-7.jpg ]




NEST PROJECTとは


SHIBUYA TSUTAYAに学びや刺激が集まり、カルチャーが育つ“巣=NEST”となることを目指すプロジェクト。
若きクリエイターや表現者を起用しながら、それぞれの目線で渋谷をたのしくする様々なコンテンツを生み出していくことを目的とし、「NEST」がクリエイティブな若者の背中を押す場所であり続けることでSHIBUYA TSUTAYAも今後大きく生まれ変わっていくことを目指しています。今後、“NEST”の名の下に、プライベートレーベル「NEST PUBLISHING」、自由に展示販売を行えるレンタルボックス「NEST BOX」、人や書店、ギャラリーを通して海外との文化交流活動を行う「NEST EXCHANGE」、クリエイターの交流の場を提供する「NEST CONNECT」、店の募集するミッションに対し、自分の才能を試すことのできる「NEST CHALLENGE」、SHIBUYA TSUTAYAで働きながら自分の才能を試すことのできる「NEST GIFT」企画を予定しています。3月には、新たに「野崎くん(野崎浩貴)」をディレクターに起用した第3弾イベントも実施予定。
HP:http://nestshibuya.com Instagram : https://www.instagram.com/nestshibuya/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る