• トップ
  • リリース
  • 第5回「アジア学生交流環境フォーラム(ASEP)」を日本にて開催

プレスリリース

  • 記事画像1

第5回「アジア学生交流環境フォーラム(ASEP)」を日本にて開催

(PR TIMES) 2016年07月28日(木)19時34分配信 PR TIMES

アジア7カ国の大学生84名が集い、フィールドワークを通じ生物多様性について学びます


公益財団法人イオン環境財団 (理事長 岡田卓也、以下 当財団)は、8月3日(水)より6日間、第5回 アジア学生交流環境フォーラム(Asian Students Environment Platform[ASEP])を日本にて開催します。


[画像: http://prtimes.jp/i/7505/738/resize/d7505-738-312178-1.jpg ]

ASEPは、グローバルなステージで活躍する環境分野の人材育成を目的に、当財団が2012年より開催している環境教育活動です。本年度は「生物多様性と叡智」と題し、中国、韓国、ベトナム、マレーシア、カンボジア、インドネシア、そして日本と合計7カ国の大学生84名を招き、東京・千葉・北海道を舞台に開催します。異なる自然環境や歴史・文化・価値観を持つ学生たちが、フィールドワークを通して生物多様性と人間の関わりについて学び、意見を交換します。

学生たちは、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の世界自然遺産に登録されている知床半島を訪れ、餌付けされることなく人間と共存しているヒグマの観察や、絶滅危惧種に指定されているシマフクロウの保護活動の見学、生態系について学ぶフィールドワークを行います。北海道川上郡標茶町虹別では、シマフクロウを守る森づくりのため、地域に自生する苗木を植えるほか、現代に伝わるアイヌ文化に触れることにより自然との共生観について学びます。

またエコストアであるイオン店舗を視察することで、イオンにおける環境への取り組みを学び、観光と環境保全、野生の感性と人間の叡智の調和についての理解を深めます。

当財団はこれからも、いのちあふれる美しい自然を未来の子どもたちに引き継ぐため、植樹活動をはじめとする環境保全活動に積極的に取り組んでまいります。

【開催概要】
・開催日程: 8月3日(水)〜8月8日(月)
・開催場所: 東京、千葉、北海道
・主催: 公益財団法人イオン環境財団
・協力: 早稲田大学
・参加校(国名アルファベット順):
 王立プノンペン大学(カンボジア)、清華大学(中国)、インドネシア大学(インドネシア)、
 早稲田大学(日本)、高麗大学校(韓国)、マラヤ大学(マレーシア)、
 ベトナム国家大学ハノイ校(ベトナム) 計84名
・後援: 毎日新聞社、中国青年報社、朝鮮日報社、トイチェ社
・開・閉講式の主な出席者(予定):
 早稲田大学 総長 鎌田 薫  様
 早稲田大学 副総長 橋本 周司 様
 公益財団法人イオン環境財団 理事長、イオン株式会社 名誉会長相談役 岡田 卓也
 公益財団法人イオン環境財団 評議員、イオン株式会社 代表執行役社長グループCEO  岡田 元也
・プログラム:
 8月3日(水) 開講式(早稲田大学 小野記念講堂)
 8月4日(木) 専門家による講義、ヒグマ生態観察(知床)
 8月5日(金) 知床五湖野生動植物観察(知床)、専門家による講義、
         フィールドワーク、シマフクロウ餌場観察等(虹別)
 8月6日(土) 植樹活動、フィールドワーク(虹別)、専門家による講義(釧路)
 8月7日(日) イオンの環境への取り組みについて学習(イオンモール幕張新都心)
 8月8日(月) 成果発表・閉講式(幕張)

以上

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る