• トップ
  • リリース
  • 熊本地震被災者向け健康促進・地域コミュニティーの活性化を目的とした「健康プログラム」の実施と熊本県からの感謝状の授与について

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社エクシング

熊本地震被災者向け健康促進・地域コミュニティーの活性化を目的とした「健康プログラム」の実施と熊本県からの感謝状の授与について

(PR TIMES) 2017年01月26日(木)17時08分配信 PR TIMES


株式会社エクシング(本社:名古屋市瑞穂区、代表取締役社長:吉田篤司)は、2016年4月に発生した熊本地震の被災者の健康促進と地域コミュニティーの活性化を目的に、高齢者向け音楽療養コンテンツ「健康王国」(※1)を用いた「健康プログラム」の実施について、本日1月26日(木)熊本県より感謝状を授与されました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/4747/734/resize/d4747-734-868701-1.jpg ]

(左から)当社 役員室室長 佐藤 秀哉、熊本県 知事公室長 坂本氏、熊本地震復旧支援鎌倉委員会 代表 遠藤敞于氏

本取り組みは、震災による環境の変化により仮設住宅や自宅での生活を送る上で、体を動かす機会や外出機会の減少が危惧されていることから、運動習慣の定着と外出機会の創出に向けた支援を行うためにスタートしたものです。会場は、被災地である熊本県上益城郡益城町「古閑第二公民館」、および西原村「西原村小森第1仮設団地内集会所」の2か所で、益城町では1月11日(水)、1月26日(木)に自宅で生活される被災者の方々を対象に、西原村では12月7日(水)、1月11日(水)に仮設住宅で生活される被災者の方々を対象に実施しました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/4747/734/resize/d4747-734-930928-2.jpg ]


また、当社はこの取り組みを継続すべく、「古閑第二公民館」、および「西原村小森第1仮設団地内集会所」の2か所に「健康王国」を搭載した業務用カラオケ機器「JOYSOUND FESTA」を常設し、専門の指導員(※2)によるプログラムの提供を行うことといたしました。「健康プログラム」は1時間〜2時間のプログラムで、「軽度運動療法」「受動的音楽療法」「能動的音楽療法」などの組み合わせにより楽しみながら健康促進に取り組める内容となっており、今後本プログラムを定期的(月1回〜2回)に実施する予定です。

○約1時間の健康プログラム例

[画像3: https://prtimes.jp/i/4747/734/resize/d4747-734-130548-0.jpg ]



当社は、このたびの取り組みを通じて、被災者の方々の健康促進・地域コミュニティーの活性化を図っていくとともに、地域の民生委員やNPO法人のスタッフ等に本プログラムの運用をレクチャーすることにより、「健康日本21」の掲げる「国民が主体的に行う健康づくり」の定着を支援してまいります。

※1. 「健康王国」(高齢者向け音楽療養コンテンツ)紹介ページ
http://festa.joysound.com/kenkou/
※2.公益社団法人虹の会の認定資格である「音楽健康福祉士」の有資格者
公益社団法人虹の会 WEBサイト http://www.nijinokai.or.jp/

【ご参考】
本取り組みは2016年9月10日に鎌倉・建長寺で開催された熊本震災支援チャリティー・コンサート(主催:熊本地震復旧支援鎌倉委員会・代表:遠藤敞于氏)の収益金を活動の一部としております。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る