• トップ
  • リリース
  • アニメの影響が強い20代、青春の歌を抱き続ける40代…JOYSOUNDが2016年カラオケランキングを年代別に徹底解剖!〜総合1位の「海の声」は、老若男女に愛されるヒットソングに〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社エクシング

アニメの影響が強い20代、青春の歌を抱き続ける40代…JOYSOUNDが2016年カラオケランキングを年代別に徹底解剖!〜総合1位の「海の声」は、老若男女に愛されるヒットソングに〜

(PR TIMES) 2016年12月22日(木)11時45分配信 PR TIMES


株式会社エクシング(本社:名古屋市瑞穂区、社長:吉田篤司)は、本日12月22日(木)、1,000万人以上の会員数を誇るJOYSOUNDのカラオケ・ソーシャルメディア「うたスキ」会員の歌唱に基づいた年代別(10代〜60代)の年間ランキングを発表します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/4747/715/resize/d4747-715-856786-5.jpg ]


アニメの影響を受けやすい20代、青春時代の歌を抱き続ける40代と、年代による歌唱傾向の違いが浮き彫りとなる年代別ランキング。その中で、auの人気CM『三太郎シリーズ』で桐谷健太扮する“浦島太郎”が三線で見事な弾き語りを披露したことで話題を呼んだ「海の声」は、圧倒的な認知度により、最も支持の厚い30代の1位を筆頭に、10代から50代という幅広い世代でトップ10入りを果たしました。さらに男女別に見ても、男性ボーカルの曲ながら、30代女性の4位にランクインするなど、女性支持の高さもその人気を下支えしていると言えそうです。このほかに10代から50代に共通して歌われている楽曲は、カラオケの殿堂入りソングとも言える「残酷な天使のテーゼ」と、2015年のカラオケランキングで1位を獲得した秦 基博「ひまわりの約束」。いずれもアニメ主題歌として幅広い世代に親しまれているカラオケの定番ソングです。

次に、世代別に詳しく見ていくと、若い世代では、アニメ『血界戦線』エンディングテーマとして人気を誇るUNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」が10代・20代の1位を独占。こちらも男性ボーカルの曲ながら、歌唱者の6割が女性を占めるのが特徴です。また、今年大ヒットした映画『君の名は。』主題歌であるRADWIMPS「前前前世 (movie ver.)」は、9月からの配信にも関わらず驚異的な追い上げを見せ、10代・20代の15位にランクイン。30代以上では、一青窈「ハナミズキ」が50代まで、中島みゆき「糸」、NHKドラマ「あさが来た」主題歌として注目を集めたAKB48「365日の紙飛行機」が30代から60代という幅広い世代でトップ10にランクインを果たし、存在感を示しました。

■年代別に紐解く、2016年カラオケヒット曲

【10代】トップ20のうち、11曲がアニソン、5曲をボーカロイド楽曲が占める10代。トップ20のうち11曲という過半数をボーカロイド楽曲が占めていた2014年に比べるとその勢いはおさまるも、今年9月にリリースされたDECO*27の5th ALBUM『GHOST』収録曲である「ゴーストルール」が7位にランクインするなど、新たなヒット曲も誕生しています。


[画像2: https://prtimes.jp/i/4747/715/resize/d4747-715-496807-3.jpg ]


【20代】ボーカロイド楽曲は「千本桜」の1曲にとどまる一方で、トップ20のうち15曲がアニソンと、アニメの影響力の強さを感じさせる20代。なかでも女性人気の高い『おそ松さん』から、歴代オープニングである「はなまるぴっぴはよいこだけ」「全力バタンキュー」の2曲が上位にランクインを果たしたほか、今年4月から放送を開始した『マクロスΔ』発の音楽ユニット・ワルキューレの「いけないボーダーライン」も12位を獲得しました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/4747/715/resize/d4747-715-645771-1.jpg ]


【30代】20位以内にランクインしたRADIO FISHの「PERFECT HUMAN」が今年らしさを感じさせる30代。昨年も、「ランニングマン」で話題となった三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「R.Y.U.S.E.I.」や、お笑いでブレイクしたクマムシの「あったかいんだからぁ♪」が上位に食い込むなど、その年のトレンドがカラオケのランキングに反映されやすい世代と言えそうです。

[画像4: https://prtimes.jp/i/4747/715/resize/d4747-715-900587-6.jpg ]


【40代】レベッカ「フレンズ」や、DREAMS COME TRUE「未来予想図II」、チェッカーズ「星屑のステージ」など、青春時代を彩る名曲が上位を占める40代。「海の声」や「365日の紙飛行機」など、その年のヒットソングは上位に食い込むものの、一旦定番曲として定着した曲の人気は根強く、長きにわたって歌われ続ける傾向がありそうです。


[画像5: https://prtimes.jp/i/4747/715/resize/d4747-715-449382-2.jpg ]


【50代】「天城越え」や「津軽海峡・冬景色」など、演歌の人気も目立つ50代。『水戸黄門』の主題歌である「あゝ人生に涙あり」や、安全地帯「ワインレッドの心」、松山千春「大空と大地の中で」など、ほかの年代には見られない楽曲も上位に。また、今年3月に続編が公開された映画『セーラー服と機関銃』関連曲として、薬師丸ひろ子「セーラー服と機関銃“夢の途中”」が5位、来生たかお「夢の途中」が7位を獲得しました。


[画像6: https://prtimes.jp/i/4747/715/resize/d4747-715-811647-4.jpg ]


【60代】吉幾三「酒よ」や、石川さゆり「津軽海峡・冬景色」を筆頭に、演歌・歌謡曲を好んで歌う傾向にある60代。石原裕次郎「北の旅人」、坂本九「見上げてごらん夜の星を」といった往年の名曲に交じって8位にランクインしたNHKドラマ『あさが来た』主題歌 AKB48「365日の紙飛行機」が異彩を放っています。

[画像7: https://prtimes.jp/i/4747/715/resize/d4747-715-812534-0.jpg ]


▽年代別ランキング 特設ページ : https://www.joysound.com/web/s/karaoke/feature/annual_age_2016
▽年間ランキング : http://joysound.com/st/ranking2016/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る