• トップ
  • リリース
  • 脳を育てるために乳幼児期にできることがわかる!『はじめてママ&パパのしつけと育脳』発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社主婦の友社

脳を育てるために乳幼児期にできることがわかる!『はじめてママ&パパのしつけと育脳』発売

(PR TIMES) 2017年04月05日(水)10時52分配信 PR TIMES

『はじめてママ&パパのしつけと育脳』2017年3月31日、全国の書店、ネット書店にて発売

株式会社主婦の友社は、累計25万部を超える「実用No.1 はじめてママ&パパ」シリーズから、2017年3月31日に『はじめてママ&パパのしつけと育脳』(https://www.amazon.co.jp/dp/4074222965)を発売いたします。現代の多くのママ&パパが注目する乳幼児期の"脳育て”に特化した内容となっています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/2372/709/resize/d2372-709-868921-0.jpg ]




脳育ては「心育て」。幸せな人生の土台になります

本書の総監修である成田奈緒子さんは、脳を育てることは、心を育てることと同じだと言います。「心が育つ」とは、思いやりや思慮深さ、向上心や努力、自立心といった「人間として高度な心の機能」を持つ大人になるということであり、それこそが、子育てのゴールともいえます。では、具体的にどのようなことをしていくのがよいのでしょうか。


「育脳」=「何かを教え込む」ではない!乳幼児期の真実の"脳育て”とは?

成田先生は本書で、脳には主に以下の3つの働きがあり、この3つをバランスよく育てることが大切だと解説しています。

おりこうさん脳:話したり、手先を動かしたり、考えたりする知的な働きをする
からだの脳:体温や姿勢、呼吸や発汗、睡眠や食欲といった体の機能をつかさどる
こころの脳:コミュニケーションや社会性をつかさどる

しかし、この3つの働きがいっぺんに育つわけではありません。最初に育つのは「からだの脳」です。これは、首がすわり、寝返りをし、たっちし……という体の発達や、夜寝て日中は活動する、空腹を感じて食べる、体温を調節するといった、無意識で働く体の機能をコントロールする部分です。生後すぐから5才ごろまでに完成するので、まずはここをしっかり育てなくてはいけません。

[画像2: https://prtimes.jp/i/2372/709/resize/d2372-709-850844-11.jpg ]


漫画/原あいみ(京田クリエーション)
「育脳」というと、早期教育や習い事を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。しかし、「おりこうさん脳ゆっくりととtりrくkkゆ発達し始めてピークは6才から14才ごろまで。こころの脳」は、10才を過ぎてようやく完成に向かいます。まずは「からだの脳」を育てていくことが肝心なのです。

本書の巻頭では、乳幼児期の"脳育て”のルールを、よくある事例を出しながら丁寧に解説します。さらに、この脳育ての考えをもとに、成長段階に合わせた脳育てのポイント、しつけの基本、食事、運動、家庭教育方法をたっぷりと紹介しています。


今どんな時期?何をすればいいの?

[画像3: https://prtimes.jp/i/2372/709/resize/d2372-709-282612-6.jpg ]


トイレトレーニングの方法って?

[画像4: https://prtimes.jp/i/2372/709/resize/d2372-709-944393-10.jpg ]



頭のいい子が育つ食事って?

[画像5: https://prtimes.jp/i/2372/709/resize/d2372-709-564813-7.jpg ]



脳を育てる運動って?

[画像6: https://prtimes.jp/i/2372/709/resize/d2372-709-168802-8.jpg ]


どんなおもちゃで遊ぶのがいい?

[画像7: https://prtimes.jp/i/2372/709/resize/d2372-709-107526-9.jpg ]


子育ての様々な段階で起こる多くの迷いや悩みに専門家が的確に答え、イラストや写真を豊富に取り入れた実例がついた、分かりやすい構成となっています。
子育てに迷ったときの指標となる一冊です。



【総監修】成田奈緒子

小児科医。発達脳科学者。文教大学教育学部特別支援教育専修教授。文部科学省「リズム遊びで早起き元気脳」実行委員長。子育てを応援する専門家による「子育て科学アクシス」を主宰。
1987年神戸大学医学部卒業。米国セントルイス大学医学部留学を経て、獨協医科大学越谷病院小児科助手、筑波大学基礎医学系講師を経て、現在に至る。小児科医として豊富な臨床経験を持つ。1児の母。


【テーマ監修:PART4 食事】上田玲子

帝京科学大学教育人間科学部幼児保育学科教授。栄養学博士・管理栄養士。小児栄養学の第一人者として活躍するかたわら、トランスコウプ総合研究所取締役として栄養コーチングの手法を開発。日本栄養改善学会評議委員や日本小児栄養研究会運営委員なども務める。『はじめてママ&パパの離乳食』(主婦の友社)など監修書多数。


【テーマ監修:PART5運動】 鈴木康弘

十文字学園女子大学准教授。子どもの運動遊びの援助方法や環境設定について、保育士、幼稚園教諭を目ざす学生を指導。理論と実技の両面からのアプローチにより、より実践的、効果的な運動指導を指南。新座市子ども・子育て会議委員、三鷹市スポーツ推進審議会委員。3児の父。

【書誌情報】

[画像8: https://prtimes.jp/i/2372/709/resize/d2372-709-868921-0.jpg ]


0-3才までに絶対しておきたい「脳育て」のコツ!はじめてママ&パパのしつけと育脳
監修:成田奈緒子
定価:本体1,300円+税
判型・ページ数:AB変型・192ページ
発売日:2017年3月31日

PART1 0才からの脳育てルール
PART2 今どんな時期?何をすればいいの?
PART3 もう迷わないしつけの方法
PART4 頭のいい子が育つ食事
PART5 運動が脳を育てる!
PART6 家庭教育と習い事


【シリーズ一覧】


[画像9: https://prtimes.jp/i/2372/709/resize/d2372-709-956319-5.jpg ]


はじめてママ&パパの育児
監修:五十嵐隆
定価:本体1,300円+税
総発行部数:101,000部

[画像10: https://prtimes.jp/i/2372/709/resize/d2372-709-991022-4.jpg ]


はじめてママ&パパの離乳食
監修:上田玲子
定価:本体1,300円+税
総発行部数:120,000部


[画像11: https://prtimes.jp/i/2372/709/resize/d2372-709-494311-1.jpg ]


はじめてママ&パパの妊娠・出産
監修:安達知子
定価:本体1,300円+税
総発行部数:63,000部

[画像12: https://prtimes.jp/i/2372/709/resize/d2372-709-473540-2.jpg ]

はじめてママ&パパの0~6才病気とホームケア
監修:渋谷紀子
定価:本体1,300円+税
総発行部数:41,000部


[画像13: https://prtimes.jp/i/2372/709/resize/d2372-709-547142-3.jpg ]


はじめてママ&パパの すくすく幼児食
監修:牧野直子
定価:本体1,300円+税
累計発行部数:21,900部



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る