• トップ
  • リリース
  • 一般財団法人 全国SNSカウンセリング協議会 大阪北部地震で被災された方々のメンタルケアを行うため「LINE」を活用した無料相談事業を実施

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

トランスコスモス

一般財団法人 全国SNSカウンセリング協議会 大阪北部地震で被災された方々のメンタルケアを行うため「LINE」を活用した無料相談事業を実施

(PR TIMES) 2018年06月22日(金)12時01分配信 PR TIMES


大阪北部地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

一般財団法人 全国SNSカウンセリング協議会(代表理事:江口清貴、三川 剛)と一般社団法人 全国心理業連合会(代表理事:浮世満理子)は、これまでのLINEを活用したいじめ相談事業や自殺相談事業の知見を活かし、このたび大阪北部地震の被災者を対象に専門のカウンセラーによる「LINE」を利用した無料相談事業を実施いたします。


[画像1: https://prtimes.jp/i/183/708/resize/d183-708-560104-3.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/183/708/resize/d183-708-226128-4.jpg ]

アカウント名: 大阪北部地震 心のケア


        右記のQRコードまたは下記のURLからアクセスできます。
        https://line.me/R/ti/p/%40vpo9232x

日時:     2018年6月22日(金)〜7月1日(日)の10日間
        いずれも19:00〜22:00
       (※予定。変更となる可能性があります。

協力: 一般社団法人全国心理業連合会(相談員協力)
        LINE株式会社(実施協力)
        トランスコスモス株式会社(システム・オペレーション運用管理協力)

実施事務局: 一般財団法人 全国SNSカウンセリング協議会

地震後、命の危機など強い恐怖を体験して発症する被災者の心的外傷後ストレス障害(PTSD)への対応は、大きな課題となります。PTSDになると被災者は、強い不安や不眠が長期間続き、体験が突然よみがえる「フラッシュバック」や、自殺したいと思う気持ちが起きます。カウンセリングは、これらを乗り越える認知行動治療法として有効性が高いと評価されております。


■相談イメージ
[画像3: https://prtimes.jp/i/183/708/resize/d183-708-988174-2.jpg ]



■一般財団法人 全国SNSカウンセリング協議会について(https://smca.or.jp/
一般財団法人 全国SNSカウンセリング協議会は、SNS関連事業者、電話相談事業者、カウンセラー、研究機関、教員らが幅広く連携し、SNS相談員のスキル向上の研修・SNS相談のノウハウの研究・高品質なSNS相談の普及等を目的に、LINE株式会社、トランスコスモス株式会社を代表理事として、2017年12月6日に設立しました。

名称: 一般財団法人 全国SNSカウンセリング協議会
設立日: 2017年12月6日
所在地: 東京都港区虎ノ門2-7-10・2階
理事: 代表理事 理事長  一般財団法人 情報法制研究所 専務理事 江口清貴
 代表理事 事務総長 トランスコスモス株式会社 上席常務執行役員 三川 剛
 専務理事  公益財団法人 関西カウンセリングセンター 理事長 古今堂 靖
 常務理事  ダイヤル・サービス株式会社 代表取締役 今野由梨
 常務理事  一般社団法人 全国心理業連合会 代表理事 浮世満理子
 理事 アディッシュ株式会社 代表取締役 江戸浩樹
 理事 ストップイットジャパン株式会社 代表取締役 谷山大三郎
 監事 LINE株式会社 執行役員 泉原克人
事業内容: SNSカウンセリング手法の開発、研究、普及



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る