• トップ
  • リリース
  • 資生堂、「センター・オブ・エクセレンス」ネットワーク体制を完成 -世界に展開する資生堂グループブランドを支援-

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

資生堂、「センター・オブ・エクセレンス」ネットワーク体制を完成 -世界に展開する資生堂グループブランドを支援-

(PR TIMES) 2016年10月11日(火)14時28分配信 PR TIMES


 資生堂は、フランス・パリに新設した「フレグランス センター・オブ・エクセレンス」の責任者にナタリー・ヘロイン・キャメル(Nathalie Helloin Kamel)を任命しました。これにより4つの「センター・オブ・エクセレンス」(フレグランス、スキンケア、デジタル、メーキャップ)の設立はすべて完了し、資生堂グループの各ブランドによるイノベーティブなマーケティング展開を可能にするネットワーク体制が始動することになります。


《センター・オブ・エクセレンス》
 資生堂の中長期戦略VISION 2020の一環である「センター・オブ・エクセレンス(以下COE)」構想は、スキンケアは日本、メーキャップやデジタルは米州、フレグランスは欧州というように、各カテゴリーにおいてグローバルに影響力を持つ最先端のエリアで情報収集・戦略立案・商品開発などをリードし、これらを資生堂グループの全世界のマーケティングに展開し、世界に通用する強いブランドを育成していきます。COEはベースとするエリアの地域本社に拠点を置きながら、ブランドや他のCOEとも連携しながらグローバルに活動していきます。また、現在、機能を拡充・強化しつつある海外の各R&D拠点も、それぞれのCOEと連携し、イノベーティブなマーケティングをサポートしていきます。
[画像1: http://prtimes.jp/i/5794/704/resize/d5794-704-707185-3.jpg ]

《センター・オブ・エクセレンス 責任者のコメント》

[画像2: http://prtimes.jp/i/5794/704/resize/d5794-704-538992-1.jpg ]

フレグランス(EMEA)
所在地:フランス パリ
責任者:ナタリー ヘロイン キャメル(Nathalie Helloin Kamel)
「魚谷社長のリーダーシップのもとに推進されるVISION 2020において重要な役割を果たすセンター・オブ・エクセレンスの責任者に任命され大変光栄です。」


[画像3: http://prtimes.jp/i/5794/704/resize/d5794-704-974507-4.jpg ]

スキンケア (Japan)
所在地:日本 東京
責任者:長谷部 伸(はせべ しん)
「グローバルなトレンドと社会の動きを見極め、未来のスキンケア体験を創造し、先進的な取り組みを推進する機会をいただいたことに本当に興奮しています。」


[画像4: http://prtimes.jp/i/5794/704/resize/d5794-704-103531-5.jpg ]

デジタル (Americas)
所在地:米国 ニューヨーク
責任者:アレシオ ロッシ(Alessio Rossi)
「資生堂グループにはデジタルのさまざまな分野で業界をリードするチャンスがあります。我々は資生堂グループの他のセンター・オブ・エクセレンスやトップマネジメントと連携し、競争に確実に勝つための戦略をスタートしました。」


[画像5: http://prtimes.jp/i/5794/704/resize/d5794-704-359735-2.jpg ]

メーキャップ (Americas)
所在地:米国 ニューヨーク
責任者:ジル スカラマンダー (Jill Scalamandre)
「資生堂グループの各ブランドを支える優秀な人たちと働けることに感謝します。
ブランドをまたいだ議論が成長を加速すると確信しています。」


▼ ニュースリリース
http://www.shiseidogroup.jp/news/detail.html?n=00000000002042&rt_pr=tr682

▼ 資生堂グループ企業情報サイト
http://www.shiseidogroup.jp/?rt_pr=tr682



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る