• トップ
  • リリース
  • 3ヵ月連続でPV記録更新、前年比138%! 「PR TIMES」が月間700万PV突破、さらに月間配信本数も過去最高

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

3ヵ月連続でPV記録更新、前年比138%! 「PR TIMES」が月間700万PV突破、さらに月間配信本数も過去最高

(PR TIMES) 2016年10月03日(月)15時32分配信 PR TIMES

AMP対応(スマホページ高速表示化)も奏功、9月末のバージョンアップで今後更なる高みを目指す

 株式会社PR TIMES(所在地:東京都港区、代表取締役:山口拓己、東証マザーズ:3922)は、運営するプレスリリース配信サービス「PR TIMES」の2016年9月の月間アクセス数が、サービス開始以来初の700万PV(ページビュー)を突破し738万PVを記録したことを発表いたします。(Googleアナリティクス調べ)
 さらに、プレスリリース配信本数も過去最高の月間6,986本を記録しました。
[画像1: http://prtimes.jp/api/file.php?c_id=112&t=animationGifImage&f=agd-112-703-1.gif&img_id= ]

3ヵ月連続で記録更新中、月間700万PVを突破!
プレスリリース配信サービス「PR TIMES」 URL:http://prtimes.jp/

 「PR TIMES」は、2007年4月10日のサービス開始より、報道機関向けの発表資料(プレスリリース)をメディア記者向けに配信する機能と、「PR TIMES」およびパートナーメディアに掲載する機能をセットで提供してまいりました。利用企業数は2016年8月に14,000社に到達しています。

 月間サイトPV数も伸張しており、2016年7月には初の600万PVを突破して652万PV(前年同月比126%、前月比110%)、2016年8月はそれを上回る666万PV(前年同月比123%、前月比102%)、そして今回、初となる700万PVを突破し2016年9月は月間738万PV(前年同月比138%、前月比111%)を記録しました。3ヵ月連続で最高記録を更新し続けています。

スマホページ高速表示化に対応

[画像2: http://prtimes.jp/i/112/703/resize/d112-703-808258-1.jpg ]

 現在「PR TIMES」は、約7割がモバイルアクセス(タブレット含む)であり、また約1割がFacebookやTwitterなどソーシャルメディアを参照元としています。スマートフォンからのアクセスが伸張する中で、さらにユーザビリティーを高めるため、スマートフォンページの高速表示化を実現するAMP(Accelerated Mobile Pages)対応に2016年7月から取組み始め、幾度かのチューニングを経て、こうしてアクセス成長にも寄与することができたと考えています。


月間配信本数も過去最高を更新
 「PR TIMES」利用企業が配信するプレスリリース本数も増加しており、2016年9月は過去最高の月間6,986本(前年同月比142%、前月比114%)を記録しました。大企業からスタートアップまで導入・継続しやすいプランと、報道発表と同時に生活者にも閲覧・シェアしてもらえるコンテンツ表現力を支持いただいた結果だと考えています。2015年1月に開始した「PR TIMES スタートアップチャレンジ」(スタートアップ企業がミッションをクリアすると配信無料になるプログラム)も引き続き好評を頂いています。

[画像3: http://prtimes.jp/i/112/703/resize/d112-703-294313-2.jpg ]


9月末には新バージョン公開
 先日2016年9月28日には「PR TIMES」新バージョン公開を発表しており、今後更なるアクセスアップを目指しています。
[画像4: http://prtimes.jp/i/112/703/resize/d112-703-118989-3.jpg ]

 なお、今回の大型アップデートでは主に、コンテンツマーケティング、自社サイト更新連携、ユーザー体験の可視化という3つの広報・マーケティング課題に対するソリューション提供を実現しています。
 これにより「PR TIMES」企業会員は、報道関係者向けに情報開示すると同時に、プレスリリースページ読者を意識したビジュアル活用などコンテンツマーケティング発想の記事投稿をより追求できるようになった他、これまでプレスリリース配信と前後して自社コーポレートサイトにも情報掲載しなければならなかった二度手間を省く、ニュース一括作成・管理できる新機能、さらにはプレスリリースページ読者の注目点や離脱箇所を可視化するデータ分析機能が加わり、情報発表に関わるPDCAサイクルを回しやすくなりました。


 PR TIMESでは、より多くの企業・団体にお選びいただける広報・マーケティングサービスを追求するとともに、トレンドリーダーの有用な情報源として多くの方の目に留めていただけるメディアへと更なる成長を図ってまいります。


【「PR TIMES」について】

[画像5: http://prtimes.jp/i/112/703/resize/d112-703-769543-4.jpg ]

URL:http://prtimes.jp/
国内上場企業28%超が利用し、利用企業総数は14,000社を超えるプレスリリース配信サービス。利用企業業種はサービス業、情報通信業、商業、製造業など多岐にわたり、サイト月間PVは738万PV(Googleアナリティクス調べ)。数多くの優良企業のプレスリリースが集まるPR TIMESは、メディア関係者からの注目度もますます高まっています。(運営:PR TIMES)

【株式会社PR TIMES会社概要】

[画像6: http://prtimes.jp/i/112/703/resize/d112-703-724260-5.jpg ]

会社名 : 株式会社PR TIMES  (東証マザーズ 証券コード:3922)
所在地 : 東京都港区南青山2-27-25オリックス南青山ビル3F
設立 : 2005年12月
代表取締役 : 山口 拓己
事業内容 : プレスリリース配信サービス「PR TIMES」(http://prtimes.jp/)の運営
 オンライン上で話題化を図るデジタルPRの戦略立案・実施
 WEBクリッピングサービス(http://webclipping.jp/)の提供
 ソーシャルメディアユーザーのためのモニターサービス「conecc」(https://conecc.jp/)の運営
 ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」(https://blogtimes.jp/)の運営
 カスタマーリレーションサービス「Tayori」(http://tayori.com/)の運営
URL : http://prtimes.co.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る