• トップ
  • リリース
  • ベネッセホールディングスが日本初開催の「第30回 国際情報オリンピック日本大会」にシルバースポンサーとして協賛

プレスリリース

株式会社ベネッセホールディングス

ベネッセホールディングスが日本初開催の「第30回 国際情報オリンピック日本大会」にシルバースポンサーとして協賛

(PR TIMES) 2018年08月27日(月)15時01分配信 PR TIMES

2020年教育改革で新たに重視される新しい学びを支援


[表: https://prtimes.jp/data/corp/120/table/682_1.jpg ]



<ご参考>
■プログラミング教育に関するベネッセの研究活動 http://www.teacher.ne.jp/miraiseed/pgm
 2020 年からの小学校におけるプログラミング教育必修化を見据えて、ベネッセは早くから研究活動を始めています。現在、小学校のプログラミング教育に関する系統的な評価規準がないことを受け、ベネッセは2017 年5月に、文部科学省の「小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)(※1)」に基づいて、『プログラミングで育成する資質・能力の評価規準(※2)』を作成し、一般公開しました。
 また、教材・カリキュラム開発などを通じて、学校現場での実践的なプログラミング教育導入の支援にも力を入れています。2017 年度から埼玉県戸田市や千葉県柏市、2018 年度から大阪府寝屋川市など、複数の自治体とプログラミング教育とICT サポータを組み合わせた実証研究を開始し、教材・カリキュラムの開発を進めております。プログラミングの基礎からプログラミング的思考を導入した教科学習までを網羅した年間指導カリキュラムを開発し、それに準じたテキストと指導案を作成しています。この教材を通じ、各教科における思考力育成を目指します。

※1「小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)」(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/074/siryo/__icsFiles/afieldfile/2016/07/07/1373891_5_1_1.pdf
※2「プログラミングで育成する資質・能力の評価規準(施行版)」 http://progstd.org/

■小学生向け通信教材「進研ゼミ 小学講座」でのプログラミング教育■
「進研ゼミ小学講座」2018年4月より小学生高学年向けにプログラミング教育の提供開始
https://blog.benesse.ne.jp/bh/ja/news/20180420release.pdf




プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る