• トップ
  • リリース
  • 資生堂、FABERNOVEL社と提携し 社内向けデジタルスキル向上トレーニングを推進 ―ビューティー業界のデジタル先進企業を目指すー

プレスリリース

資生堂、FABERNOVEL社と提携し 社内向けデジタルスキル向上トレーニングを推進 ―ビューティー業界のデジタル先進企業を目指すー

(PR TIMES) 2016年09月10日(土)11時05分配信 PR TIMES


 資生堂は、デジタルコンサルティング会社FABERNOVEL(ファバーノベル)社*と提携し、全社的なデジタルスキルの向上を目的としたトレーニングプログラム「SHISEIDO+デジタルアカデミー」をスタートします。このプログラムは、世界の全資生堂グループ社員を対象とし、消費者に関する情報の分析・開発に重点を置いたデジタル技術の向上と活用を推進し、商品開発から顧客サービスにいたるまでの革新を推し進めます。

《SHISEIDO+デジタルアカデミー》
 第一期では、世界各地域のマーケティング、営業、コミュニケーション、そしてデジタルの分野から選定された600名の社員を対象とし、アジア、ヨーロッパ及び米国の各地域で実施するライブセッションに加え、個別に受講できるオンライントレーニングも行います。
 ライブセッションでは、資生堂が戦略的に注力すべき領域についてデジタル視点からのインサイトを受講者に提供するとともに、世界各国から集まった受講者間での成功事例の共有や連携の強化を図ります。
 オンライントレーニングでは、受講者は資生堂のために作られたeラーニングシステムや最新のデジタル技術情報へのアクセスが可能となります。
 資生堂は中長期戦略VISION 2020への取り組みの中で、成長の見込める領域としてEコマースに注力し、中国ではアリババグループとの連携もスタートしています。全社的なデジタルスキルの向上により、このような新しい領域での事業拡大を強力に後押しします。

《デジタル・センター・オブ・エクセレンス》
 「SHISEIDO+デジタルアカデミー」は、「デジタル・センター・オブ・エクセレンス (デジタルCOE)」が推進します。資生堂グループのグローバル・チーフ・デジタル・オフィサーであるAlessio Rossi(アレシオ・ロッシ)が率いるデジタルCOEは、消費者データを重視するアプローチにより、資生堂グループの各事業のデジタル対応力とブランドプレゼンスを高めると同時に、グループ内でのデジタルスキルの高い人材のコミュニティーを作ります。
 資生堂は、スキンケアは日本、メーキャップやデジタルは米州、フレグランスは欧州というように、各カテゴリーにおいてグローバルな影響力を持つ最先端のエリアで情報収集・戦略立案・商品開発などをリードし、それらを全世界のマーケティングに展開し、活かしていく「センター・オブ・エクセレンス」構想を推進しています。デジタルCOEはその一角を担い、デジタルに関わる領域で、情報収集・戦略立案を統括していきます。

*FABERNOVEL社について
 2003年にフランスに設立されたグローバルイノベーションエージェンシー。顧客企業にデジタルに関わるトレーニング、アプリ開発、ウエブサイト開発などのサービスを提供する。


▼ ニュースリリース
http://www.shiseidogroup.jp/news/detail.html?n=00000000002014&rt_pr=tr652

▼ 資生堂グループ企業情報サイト
http://www.shiseidogroup.jp/?rt_pr=tr652

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る