• トップ
  • リリース
  • 大和ハウスグループの大和物流とIROYAが資本業務提携(ニュースリリース)

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

大和ハウス工業株式会社

大和ハウスグループの大和物流とIROYAが資本業務提携(ニュースリリース)

(PR TIMES) 2016年07月12日(火)13時22分配信 PR TIMES

アパレル事業者のオムニチャネル展開を支援する新サービス「Monopos」を共同展開

 大和ハウスグループの大和物流株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役社長:緒方勇、以下「大和物流」)と、アパレルITベンチャーの株式会社IROYA(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大野敬太、以下「IROYA」)は、資本業務提携を実施し、アパレル事業者に向けた新しいオムニチャネル(※1)支援サービス「Monopos」(モノポス)を、2016年7月12日より共同展開します。
※1.店舗やEC(オンラインショップ)などの全てのチャネルを継ぎ目なく統合することで、お客さまの購買体験を向上させる仕組み。
 大和物流は、グループ会社であるDaiwa GF Logi株式会社および株式会社フレームワークスにおいて、アパレル・雑貨を中心とした小売・EC事業者向けに、リードタイムの短縮やチャネル別の在庫管理の一元化、物流の統合、システムソリューションなどの様々な経営課題に対する提案・各種サービスを提供しています。

 IROYAは、「色から、モノを好きになる」をテーマに、e-コマースサイト&セレクトショップ「IROZA」( https://iroza.jp/ )の小売・通販事業に加え、「IROZA」での実店鋪 / e-コマースの運用経験を基にノウハウを集積し、アパレル事業者向けにPOSシステムなどの店頭業務やECサイトの構築支援など、小売流通業務に必要な様々な業務をサポートしています。

 今回の資本業務提携により、大和物流とIROYAは従来のサービスに加えて、店舗販売のオペレーションから、ささげ(※2)等のECフルフィルメント(※3)までをワンパッケージでカバーし、アパレル事業者のオムニチャネル展開を支援するサービスの提供が可能となりました。
 今後両社は、「Monopos」を共同展開し、アパレル事業者のオムニチャネル対応を支援していきます。
※2.ECサイトへアイテムを掲載するために必要な業務「撮影・採寸・原稿」の総称。
※3.通販・ECで商品が注文されてからお客さまのお手元に届くまでに必要な業務全体のこと。


[表: http://prtimes.jp/data/corp/2296/table/663_1.jpg ]



<「Monopos」オムニチャネル支援サービスの全体像>
[画像1: http://prtimes.jp/i/2296/663/resize/d2296-663-198074-2.jpg ]


<「Monopos」 在庫管理システム>
[画像2: http://prtimes.jp/i/2296/663/resize/d2296-663-171126-1.jpg ]


<「Monopos」 顧客管理システム>
[画像3: http://prtimes.jp/i/2296/663/resize/d2296-663-168647-0.jpg ]


【大和物流株式会社について】
会社名:大和物流株式会社
所在地:大阪市西区阿波座1-5-16
代表者:緒方 勇
設 立:1959年8月29日
URL: http://www.daiwabutsuryu.co.jp/

【株式会社IROYAについて】
会社名:株式会社IROYA
所在地:東京都渋谷区上原3-44-9麺連会館ビル1F
代表者:大野 敬太
設 立:2013年10月03日
URL:https://iroza.jp/about/company



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る