• トップ
  • リリース
  • テレビ会議システムなどの機器一式をまとめて収納できるスタンドを発売。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

サンワサプライ株式会社

テレビ会議システムなどの機器一式をまとめて収納できるスタンドを発売。

(PR TIMES) 2016年11月10日(木)19時28分配信 PR TIMES

サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田哲也)は、テレビ会議システム用の機器一式をまとめて収納できるスタンド「CR-TVM1」を発売しました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/11495/658/resize/d11495-658-926141-14.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/11495/658/resize/d11495-658-175043-8.jpg ]

■機器収納スタンド
品番:CR-TVM1
標準価格:¥42,984(税抜き ¥39,800)
商品ページ:http://sanwa.jp/pr/CR-TVM1

「CR-TVM1」は、テレビ会議システム用の機器一式をまとめて収納できるスタンドです。
テレビ会議用のカメラやシステム本体に加えて、マイク、リモコン、接続ケーブルなどの周辺機器をまとめて設置できるため、テレビ会議の準備や片付けがしやすくなっています。機器一式をテレビスタンドの下に収められるため、省スペース化を図れます。
[画像3: http://prtimes.jp/i/11495/658/resize/d11495-658-536128-12.jpg ]

[画像4: http://prtimes.jp/i/11495/658/resize/d11495-658-130458-15.jpg ]

天板の高さは800〜950mm間で変更可能で、テレビスタンドの高さに合わせてテレビ会議用のカメラを設置できるほか、会議の参加人数に合わせて、全員の顔が見える位置や全体を俯瞰できる位置などへ高さを調整できます。
棚板を3枚装備しており、幅450×奥行き250mmと幅広な上に、耐荷重10kgと高重量にも耐えられる設計なので、テレビ会議システムの周辺機器のほかに、ブルーレイ・DVDプレーヤーなどの映像出力機器も同時に搭載できます。棚板を4cmまで前方にずらして設置できるため、奥行きのある機器でも安定して搭載させられます。
[画像5: http://prtimes.jp/i/11495/658/resize/d11495-658-334157-6.jpg ]

[画像6: http://prtimes.jp/i/11495/658/resize/d11495-658-287958-7.jpg ]

支柱は中空になっており、多数の機器を搭載した場合でも各種ケーブルを隠すことができ、キレイに配線を行えます。また、支柱の背面は取り外しが簡単なバックパネルになっており、ケーブル配線などのメンテナンスもしやすくなっています。 サイズは幅500×奥行き390×高さ800〜950mmで、重量は13.3kgです。

製品画像データにつきましては、サンワサプライWEBサイトにあります「画像データベースシステム」(下記URL)よりダウンロードお願いいたします。
https://www.sanwa.co.jp/imagedb/imagedb.asp?sku=CR-TVM1
-----------------------------------------------------------------------
★サンワサプライHP
http://www.sanwa.co.jp/
★youtubeチャンネル
http://sanwa.jp/youtube
★facebookファンページ
https://www.facebook.com/SanwaSupplyJP
★twitter
https://twitter.com/sanwainfo
★サンワサプライ公式アプリ「サンワガチャ」
http://www.sanwa.co.jp/apps/gacha/index.html
-----------------------------------------------------------------------
※このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る