• トップ
  • リリース
  • 【松屋フーズ】昨年11月に高知県に初出店「高知朝倉店」3業態複合化のお知らせ

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社松屋フーズホールディングス

【松屋フーズ】昨年11月に高知県に初出店「高知朝倉店」3業態複合化のお知らせ

(PR TIMES) 2024年05月22日(水)17時45分配信 PR TIMES

初オープン時に話題を呼んだ高知県1号店にマイカリー食堂が登場!1週間限定でこだわりのカレーがお得になる開店記念キャンペーンも実施〜5月31日(金)10時 開店〜


[画像1: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/47538/603/47538-603-168ae94ed2f0c7edcc570ba9060d4d92-2213x865.jpg ]

 このたび松屋フーズ(本社:東京都武蔵野市、代表取締役社長:瓦葺一利)は、2023年11月に高知県に初開店いたしました、牛めし・カレー・定食・その他丼の「松屋」と、とんかつ店の「松のや」の複合型店舗「高知朝倉店」に、カレー専門店「マイカリー食堂」を加え、3業態の複合店舗としてリニューアルいたしますことをご案内いたします。
 高知県は、松屋・松のやをはじめとする松屋フーズの各業態店舗が四国の中で唯一なく、チェーン店が少ない県としてSNSを中心に話題となっていました。そんな中今回出店する高知市朝倉東町は高知大学もある人口過密地域、かつ主要幹線道路である土佐道路にも面しており、地元の皆様はもちろん、学生の皆様を始めとする多くの方にご利用いただけきたいと考え、昨年秋に出店することとなりました。この度「マイカリー食堂」を複合店舗としてオープンするに至った経緯としては、今後高知県への出店を加速していく中で、松屋フーズを温かく迎え入れてくれた高知県の皆様に、もっと当社の魅力を知って頂きたいという思いからです。改めて当社の豊富な各業態のメニューを感じて頂きたく、当社業態“第三の柱”でもある「マイカリー食堂」を、満を持して出店させていただく運びとなりました。様々な利用シーンを創出して、地域に愛される店作りを進めていきたいと考えております。
 また、マイカリー食堂のオープンを記念し、5月31日(金)10時〜6月11日(火)10時の期間限定で、「ロースかつカレー」「ごろごろ野菜カレー」を通常価格の90円引き、600円でご提供するセールを開催いたします。詳細は下記よりご確認くださいませ。
 是非、松屋・松のや・マイカリー食堂複合型店舗「高知朝倉店」へお立ち寄りいただき、自慢の商品をお楽しみください。

■店舗情報
店名      高知朝倉店-松屋・松のや・マイカリー食堂複合店
住所      高知県高知市朝倉東町50-3
リニューアル日 2023年5月31日(金)10:00〜
営業時間    24時間営業
席数      33席
駐車場     あり
ドライブスルー あり

■マイカリー食堂オープン記念セール
期間      2024年5月31日(金)10:00 〜 6月11日(火)10:00
対象商品    ロースかつカレー  690円→600円
        ごろごろ野菜カレー 690円→600円
        ※3種類のカレーソースからお選びいただけます。

■マイカリー食堂のこだわり
・手仕込みロースかつ
 とんかつ業態の「松のや」で培った専門店のノウハウを活かした手仕込みロースかつ。旨みが凝縮された熟成チルドポークを使用。ミリ単位でサイズを調整した特製パン粉がサクッと香ばしい食感を演出。注文が入ってから揚げたロースかつがカレーと相まって美味しさを引き立てます。
[画像2: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/47538/603/47538-603-9be3b64900d5c3eac3dfe382f5f8e1ff-2400x1800.jpg ]


・3種のソース
 お好みでトッピングをプラスワンすることで、『自分だけの“マイカリー”』を楽しんで頂きたいをコンセプトに生まれた松屋フーズのカレー専門店。
 香り、辛さ、色味を追求し辿り着いた14種類の香辛料と、ココナッツミルクのフルーティーな味わいがハーモニーを織りなす「マイカレーソース」、ビーフの旨味が溶け込んだ濃厚な味わいに仕上げた「欧風ビーフカレーソース」、コクがありマイルドな口当たりで、風味豊かなバターの香りとトマトの旨味・ココナッツミルクの甘味が口中に広がる「バターチキンカレー」スパイスの選定、使い方、旨み、甘味、粘度、色などこだわりを持ち、3種のカレーソースをご用意しております。
 そこにあるのは「辛さで耳の裏が熱くなるほどでなければカレーとは呼べない」という創業者の想い。より美味しいカレーを求めて、挑戦は続きます。
[画像3: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/47538/603/47538-603-1468c52192863ae1c5dc748c38bd646c-2400x1800.jpg ]

[画像4: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/47538/603/47538-603-f617856d01ef54d7b7ab0c4a705b5584-2400x1800.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

このページの先頭へ戻る