プレスリリース

TISインテックグループ

クオリカ、データトロンから全事業を譲受

(PR TIMES) 2019年04月02日(火)04時40分配信 PR TIMES

〜グループのIoT事業の拡大を促進〜

TISインテックグループのクオリカ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:辻本 誠、以下クオリカ)は、2019年4月1日付で、同グループでクオリカ完全子会社の株式会社データトロン(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:馬場 浩之)から全事業を会社分割により譲受することをお知らせいたします。
データトロンは、GPS関連システムおよび通信機器の開発に強みを持ち、1999年の設立以降、約 20年間に渡りIoT事業を展開してきた企業です。2018年1月5日付の株式譲渡により、クオリカの100%子会社となっていました。

クオリカは、本会社分割によるIoT事業の拡大で、TISインテックグループのIoTビジネスをけん引していきます。

1.対象事業の概要
譲受対象事業:全事業(高速道路関連事業および移動体管理システム事業)
事業譲受日:2019年4月1日

2.本会社分割に関する企業概要
【分割会社】
会社名:株式会社データトロン(http://www.datatron.co.jp/
所在地:埼玉県さいたま市大宮区吉敷町1-23-1 大同生命ビル6F
事業概要:車両ネットワーク通信システムの構築、車両運行管理ASP事業、位置データの作成、業務システムの開発・設計

【承継会社】
会社名:クオリカ株式会社(http://www.qualica.co.jp
所在地:東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー23F
事業概要:1982年 建設機械メーカーのコマツから情報システム会社として独立、創業。以来、国内外の製造業、流通サービス業(飲食業・小売業)の企業様を中心に各種ITサービスを提供し、長年培った技術力と業務知識でお客様の働く「現場」をサポートしてきました。近年はとくに私たちの特色を生かし、IoTの分野に注力しています。

■TISインテックグループについて
TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る