• トップ
  • リリース
  • イオンタイランド、タイ・シラチャ市と「地域活性化推進協力覚書」を締結

プレスリリース

  • 記事画像1

イオンタイランド、タイ・シラチャ市と「地域活性化推進協力覚書」を締結

(PR TIMES) 2016年03月14日(月)18時40分配信 PR TIMES


シラチャ市(市長:Worayan Bunnarach)とAEON(Thailand)CO., LTD.(以下、イオンタイランド 代表取締役社長:生田政光)は2016年3月11日、「地域活性化推進協力覚書」を締結しました。
[画像: http://prtimes.jp/i/7505/585/resize/d7505-585-114769-1.jpg ]



本覚書に基づき、シラチャ市とイオンタイランドは、同市の優れた産品の販路拡大を通じた産業振興、社会・文化・観光・スポーツなどの地域振興、市民の皆さまとともに活動する環境保全活動などにおいて、緊密に連携し、地域の一層の活性化、市民サービスの向上を図ります。

取り組みの第一弾として、イオンタイランドは3月11日(金)より17日(木)の間、「シラチャ市物産展」をマックスバリュ イオンシラチャショッピングセンター店にて 開催し、タイ政府が推進するOTOP(One Tambon One Product/1村1品運動)商品の常設コーナーの展開をはじめ、産地直送の野菜や果物の販売を行います。

また、イオンタイランドが地域の未来を“ともにつくる”環境・社会貢献活動の一環として取り組んでいる「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」では、同市の3つのボランティア団体のブースを設け、サポートを必要とされる地域のボランティア団体と「応援したい」と思うお客さまの気持ちをつないでまいります。あわせて、環境保全活動の一環として「マイバッグ」等の買物袋持参運動に関するブースを設置し、イオンタイランドの環境への取り組みをご紹介します。

本覚書の締結を機に、シラチャ市とイオンタイランドはこれまで以上に連携し、地域の活性化や市民の皆さまへの新しいサービスの創出に取り組んでまいります。

【「地域活性化推進協力覚書」の概要】
1)経済面
 シラチャ市の経済が成長しタイ国の経済中心区域となるよう産業振興を応援する

2)社会面
 シラチャ市開催の社会、文化、観光、スポーツなどの地域振興を支援する

3)環境保全面
 シラチャ市と市民の皆さまと協力し環境保全活動を推進する


【「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」の取り組み】
イオンは2001年より、日本国内で毎月11日の「イオン・デー」に「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」を実施しています。応援したいと思う地域のボランティア団体のボックスに黄色いレシートを投函していただき、そのレシート合計金額の1%相当の品物をイオンからボランティア団体に寄付する取り組みです。お客さまとともに地域を元気にする活動として、2014年度までにのべ約21万8,600団体へ、総額24億9,400万円を超える品物を贈っています。

タイにおいては、2015年11月11日より同キャンペーンを開始し、2015年度末(2016年2月29日締め)までにのべ約30団体へ、総額190,867バーツ(約60万円)を贈呈いたします。

【イオンタイランドのシラチャ市における取り組み】
・2013年 7月5日 マックスバリュ シラチャJ-PARK店開店
・2014年11月26日 マックスバリュ レムチャバン店開店
・2015年10月21日 イオンシラチャ ショッピングセンター開業
          マックスバリュ イオンシラチャショッピングセンター店開店
          シラチャ市OTOP商品の展開
・2015年11月11日 「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」スタート

以上

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る