• トップ
  • リリース
  • インテック、辻・本郷 税理士法人へ電子帳票システム「快速サーチャーGX」のクラウドサービスを提供開始

プレスリリース

  • 記事画像1

TISインテックグループ

インテック、辻・本郷 税理士法人へ電子帳票システム「快速サーチャーGX」のクラウドサービスを提供開始

(PR TIMES) 2019年02月26日(火)13時40分配信 PR TIMES

〜帳票類の電子保管でペーパーレス化を実現〜

 TISインテックグループの株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:北岡隆之、以下インテック)は、辻・本郷 税理士法人(本部:東京都新宿区、理事長:徳田孝司)へ、スキャニングした帳票類の電子保管と活用をサポートする電子帳票システム「快速サーチャーGX」のクラウドサービスを提供開始したことを発表します。

[画像: https://prtimes.jp/i/11650/572/resize/d11650-572-194889-0.png ]



【「快速サーチャーGX」のクラウドサービスの主な特長】


クラウドサービス※1のため、ハードウェアの用意や運用が不要でスモールスタートが可能
PDFファイル化した様々な書類を電子保管できるため、書類データの長期保管が可能
誰でも簡単にPDFファイルの登録が可能
タイムスタンプや検索キーを使って高速検索を実現
電子帳簿保存法の要件を満たしているソフトウェア※2のため、安心して利用可能


※1 クラウド環境は、インテックのパブリッククラウドサービス「EINS/SPS」を利用しています。
※2 快速サーチャーGXは、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)が実施する「電子帳簿保存法スキャナ保存ソフト法的要件認証制度」の要件を満たした認証ソフトウェアです。
「快速サーチャーGX」クラウドサービス紹介サイト:https://kaisoku-searcher.com/cloud/

【背景】
 辻・本郷 税理士法人は、2010年9月6日に環境省から会計業界で初めて「エコ・ファースト企業」として認定され、会計・税務を通じて「環境にやさしい経営」の普及活動、環境会計・環境税務を推進しています。その取り組みの一つとして、自社で大量に発生する業務書類や税務書類の「ペーパーレス化」があり、その実現のため、低コストで容易に操作可能な「快速サーチャーGX」のクラウドサービスが今回採用されました。

【今後の展開】
 インテックは、今後もクラウドで簡単かつ効率的に書類の電子保管ができるよう研究開発を行い、企業のペーパーレス化を強力に支援していきます。

辻・本郷 税理士法人について
 全国60拠点以上、1,600名(グループ会社含む)体制の専門特化型、国内有数規模の税理士法人です。お客様数12,000社を超える豊富な経験と実績、プロフェッショナル集団としての組織力を活かし、お客様にご満足いただける最高水準のサービスを提供しています。

インテックについて
 お客さまの経営戦略に沿った情報化戦略の立案からシステムの企画、開発、アウトソーシング、サービス提供、運用保守まで、IT分野において幅広く事業を展開しています。 インテックは、創業以来55年にわたって培ってきた技術力をもとに、AI、RPA等のデジタル技術の活用や、「モード2」と呼ばれる新たな価値創造型の開発にも積極的に挑戦しています。 常にオープンな姿勢で、人、企業、社会を技術でつなぎ、自らも変革しながら「豊かなデジタル社会の一翼を担う」企業としてお客さまに新しい価値を提供してまいります。

TISインテックグループについて
 TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る