• トップ
  • リリース
  • 香取慎吾さんと三谷幸喜さんの対談をAERAが掲載!「セット転換も僕やってます」(香取さん)

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社朝日新聞出版

香取慎吾さんと三谷幸喜さんの対談をAERAが掲載!「セット転換も僕やってます」(香取さん)

(PR TIMES) 2018年11月20日(火)19時40分配信 PR TIMES

羽生結弦選手のGPシリーズロシア大会レポート+ブライアン・オーサーコーチ「独占」インタビューも!

11月26日月曜日発売の週刊誌AERA12月3日増大号に、香取慎吾さんが登場します。新作舞台「日本の歴史」について、作・演出の三谷幸喜さんと対談。稽古中のエピソードを織り交ぜながら、作品の見どころを語っています。
この号では、男子フィギュアスケート・羽生結弦選手のGPシリーズロシア大会ルポとブライアン・オーサーコーチの独占インタビューも掲載。渾身の演技をカラー写真でごらんいただけます。
大特集は「飲みニケーションの新常識」。
[画像: https://prtimes.jp/i/4702/571/resize/d4702-571-582320-0.jpg ]

香取慎吾さんは、中井貴一さんなどとともに、三谷幸喜さん作・演出のミュージカル「日本の歴史」に出演。「香取さんと早く仕事がしたかった」という三谷さんは、「勇気を出して」この舞台への出演をオファーしたと言います。なぜ、勇気がいったか。それは、この作品では、バックダンサーやセット転換もすべて出演者が務めるから。香取さんも「ステージで椅子はけたりしますから」と笑って答えています。三谷さん曰く「全員野球」で作り上げる舞台ですが、実は稽古中はあまりほかの出演者としゃべらないという香取さん。対談ではその理由も明かしています。出会ってから約20年という「歴史」をもつ二人。二人の関係性も垣間見える対談に、ぜひご期待ください。

羽生結弦選手はGPシリーズロシア大会で優勝。GPシリーズ通算10勝という記録を打ち立てましたが、今季世界最高得点を更新したショートプログラムの翌日、公式練習でアクシデントに襲われました。古傷の右足首を痛め、満身創痍の状態でフリースケーティングに出場、優勝を果たしました。試合後には「悔しい」と話し、自分のスケートのルーツでもあるロシアでこそ「完成形の演技をしたかった」。でも羽生選手は、「(GP)ファイナルに向けて、全力で治療します」と前を向きます。ドラマのつまった1戦の詳細レポートとともに、ブライアン・オーサーコーチの「単独」インタビューも掲載します。「今後のこと」についても語っています。

この号の大特集は「飲みにケーションの新常識」。「飲まない」若者が増える一方で、その若者たちを多く抱えるベンチャー企業が「飲み会」に補助を出すなど、「飲みニケーション」を活用しています。なぜいま、「飲みニケーションなのか」。「飲み会」をハラスメントの温床にしないためのノウハウ、世代や立場を超えて効果をもたらす理由などについて、徹底取材しています。

ほかに、

「仕事」も「子育て」も「食」もいい!「北九州」特集
「大阪2児衰弱死事件」を担当した児童相談所 職員「実名」インタビュー
「ボヘミアン・ラプソディー」で洋楽おばちゃんが復権

などの記事を掲載する予定です。

AERA (アエラ) 2018年 12月3日増大号
定価:410円(税込)
発売日:2018年11月26日(月)
https://www.amazon.co.jp/dp/B07J35QG2X/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る