• トップ
  • リリース
  • キャッシュレスの「得」と「怖さ」をAERAが大特集!宇野昌磨の「好調すぎるゆえの悩み」、安田純平さんが語る「自己責任論」も掲載

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社朝日新聞出版

キャッシュレスの「得」と「怖さ」をAERAが大特集!宇野昌磨の「好調すぎるゆえの悩み」、安田純平さんが語る「自己責任論」も掲載

(PR TIMES) 2018年11月16日(金)18時40分配信 PR TIMES

11月19日(月)発売の週刊誌AERA 11月26日号は「キャッシュレスの『得』と『怖さ』」を特集しています。1人分の生活費を想定しても、キャッシュレスなら5000ポイントほどがたまります。1年に換算すると60000ポイント。実は現金よりも「貯まる」んです。特集では、こうした「得」のほかに、背後でどんな個人情報が吸い取られているのか、個人情報を守るにはどうすればいいのか、といったこともリポートしています。ほかに、NHK杯で初優勝した宇野昌磨選手の「いま」や、安田純平さん90分インタビューの続編「自己責任を語る」も掲載しています。
[画像: https://prtimes.jp/i/4702/568/resize/d4702-568-578328-0.jpg ]

来年10月に予定されている消費税増税に合わせて、政府はキャッシュレス優遇案を打ち出しました。増税分の2%を、キャッシュレスで支払った人にポイントで還元する、というものです。これに乗っかるのはちょっと悔しいのですが、調べると、キャッシュレスは確かに「楽」で「得」。特集に登場するある女性は、1人分の生活費をすべてキャッシュレスで支払うことで月に5000ポイントを獲得していました。現金生活よりも「貯まる」んです。
もちろん、消費行動のすべてを吸い取られるという「怖さ」もありますが、「得」と「楽」にも抗しがたい。特集では、個人情報を守る鉄則とともに、それぞれのニーズに合わせたキャッシュレスのあり方をレポートしています。

NHK杯で初優勝し、グランプリファイナル一番乗りを決めた宇野昌磨選手の「いま」の分析や、安田純平さん90分インタビューの続編「自己責任論を語る」も掲載。

ほかにも、

クイズは格闘技になった!「東大王」水上颯さん・「西の女王」奥畑薫さんほかカリスマ総登場
原田マハと味わうフェルメール「彼はきっと雷から来た人」
断らない救急医療 沖縄で心筋梗塞の記者が命拾い
技能実習生問題の裏に「一人手数料1万ドル」の搾取ビジネス

など、多彩な記事を掲載しています。

AERA (アエラ) 2018年 11月26日号
定価:390円(税込)
発売日:2018年11月19日(月)
https://www.amazon.co.jp/dp/B07J35G5YS/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る