• トップ
  • リリース
  • 日本直販が、70歳からの暮らしが、もっと〈楽しく〉〈楽になる〉 通販カタログ「楽歳(らくさい)」を創刊。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

トランスコスモス

日本直販が、70歳からの暮らしが、もっと〈楽しく〉〈楽になる〉 通販カタログ「楽歳(らくさい)」を創刊。

(PR TIMES) 2017年05月10日(水)13時22分配信 PR TIMES

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715)が運営する通販ブランド「日本直販」(https://www.666-666.jp/)は、2017年5月10日、70歳からの心豊かで快適な生活を応援する通販カタログ「楽歳(らくさい)」を創刊します。
「楽歳(らくさい)」とは
年齢を重ねることをポジティブに楽しむ。実り豊かなシニアライフを応援。

[画像1: https://prtimes.jp/i/183/558/resize/d183-558-504178-0.jpg ]

「楽歳(らくさい)」とは、本来「豊年・収穫の多い楽しい年」の意。70歳以上のお客様に、これからも実り多い豊かな人生を過ごしていただきたいという日本直販の想いを込めました。「楽」と言う文字に、暮らしを「楽しむ」という意味と、快適な生活を「楽にする」という双方の意味を込め、歳月を重ねるほどに心豊かで快適になるような暮らしをサポートするアイテムを通して、より幸せな生き方、喜びに満ちた暮らし方を提案していきます。
創刊号では、素敵な生き方をされている102歳の女性の巻頭インタビューをはじめ、お出かけを楽しみたくなる楽々アイテムや、老眼をおしゃれに楽しむアイテム、からだに負担をかけない暮らしのアイテム、脳トレーニングやロコモティブ・シンドローム対策グッズなどを多彩に販売。年齢を重ねることをポジティブに受け入れ、向き合う暮らしをサポートする内容となっています。

※「楽歳(らくさい)」創刊号:A4幅広版(縦297×横235mm)/40P/フルカラー
[画像2: https://prtimes.jp/i/183/558/resize/d183-558-301046-1.jpg ]

※「楽歳(らくさい)」創刊号・巻頭特集&目次ページ

[画像3: https://prtimes.jp/i/183/558/resize/d183-558-655582-2.jpg ]

※「楽歳(らくさい)」創刊号・商品ページ

■「日本直販」無料カタログ請求先
0120-0000-20(受付時間:9時〜21時/日・祝も受付)
https://www.666-666.jp/9000000000000000.html

シニア市場の動向
これからのシニア市場のパイオニア的な通販カタログをめざして。
今や100兆円を超えると言われ、社会的にも大きな期待を集めるシニア市場。しかしこれまでは高齢者層(65歳以上)の約2割(20.6%)の「アクティブ・シニア(就労健常人口)」市場ばかりに照準があてられ、約8割(79.4%)を占める「非アクティブ・シニア層(非就労〈年金生活者〉・介護予備軍・介護認定人口など)」(※5)の市場は比較的、未開拓であったと言えます。シニアマーケティングの成功事例が頻発しなかった要因のひとつもここにあるのではと考察されています。(※6)
今回、日本直販から創刊される通販カタログ「楽歳(らくさい)」は、「アクティブ・シニア」はもちろん、こうした「非アクティブ・シニア」市場にも大いに着目し、今後のシニア市場を牽引し得るパイオニア的な通販カタログをめざしています。

シニア(高齢者)のゾーンニング
2020年時点での市場セグメント及び市場ボリュウム

[画像4: https://prtimes.jp/i/183/558/resize/d183-558-819505-3.jpg ]

※1 国立社会保障・人口問題研究所資料、厚生労働省「介護保険事業報告」よりみずほコーポレート銀行産業調査部作成
※2 「ギャップ・シニア」の呼称は2014年に日本総研が命名、提唱
数値は非介護認定人口の35%と推定(みずほ銀行呼称「メザインシニア」の人口規模推定値推定30〜40%の中央値に準拠)
※3 高齢者人口-介護認定人口-就労健常人口で得られた数値
※4 高齢者人口に2014年現在の高齢者就業率(20.6%)を乗じて得られた数値
※5 本記事では「ギャップ・シニア」「ディフェンティブ・シニア」「ケア・シニア」の3つの分類ゾーンを総称して「非アクティブ・シニア」と呼んでいます。
(出典:株式会社日本SPセンター「シニアマーケティング研究室」http://www.nspc.jp/senior/who/より)

日本直販とは
“お客様ファースト”をモットーに「幸せと喜びをお届けする日本直販」。
「日本直販」ブランドとして、40周年を迎えた総合通販事業です。テレビ通販やラジオ、新聞、カタログ、WEBなど様々な販売チャネルを通して、暮らしに役立つアイテムをご提供しています。2015年よりトランスコスモス株式会社の一事業部として再始動し、ITソリューションとのシナジー効果をめざしています。
特にシニア層への認知度は高く、これまでにもテレビ通販でも「高枝切りバサミ」や、通販市場で初めて「冷凍カニ」の販売を始めるなど、様々なヒット商品を生み出しています。最近は若年層の取り込みにも積極的で、今年3月には顧客との新たなコミュニケーションツールとしてLINE@も開設。2017年度より “お客様ファースト”をモットーに「幸せと喜びをお届けする日本直販」として、より顧客ニーズにマッチしたサービスを提供してまいります。

【事業概要】
サービスブランド: 日本直販
事業主体:     トランスコスモス株式会社
住所:       大阪市西区土佐堀2-2-4
TEL:       06-4803-9600
URL:       http://www.666-666.jp/
取扱媒体:     テレビ・ラジオ・新聞・カタログ・WEB・会員誌
取扱商材:     季節商品・雑貨・家電・アパレル・食品・健康食品・保険



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る