• トップ
  • リリース
  • 4月8日は銀座老舗のビヤホール 創建83周年 ビヤホールライオン 銀座七丁目店 ≪誕生祭≫

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

サッポロホールディングス株式会社

4月8日は銀座老舗のビヤホール 創建83周年 ビヤホールライオン 銀座七丁目店 ≪誕生祭≫

(PR TIMES) 2017年04月03日(月)12時31分配信 PR TIMES

伝統のローストビーフを83周年記念価格830円で販売!自慢の生ビールをガリバーブーツで!創建年にちなんで1,934円にて!

 サッポロホールディングス(株)のグループ企業である「Joy of Living-生きている喜びの提供-」を企業理念に、ビヤホール・レストランなどを運営している株式会社サッポロライオン(本社・東京都渋谷区、社長・刀根義明)は、2017年4月8日(土)に創建83周年を迎える「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」の誕生日を祝うとともに、日頃の感謝を込めて、「誕生祭」として当日限定でイベントを開催します。
現存する日本最古のビヤホールで乾杯


[画像1: https://prtimes.jp/i/12361/553/resize/d12361-553-228257-0.jpg ]

 「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」は、1934年(昭和9年)創建で、現存する日本最古のビヤホールです。2017年1月10日(火)〜2月28日(火)のリフレッシュ改装は、厨房機器やドリンクカウンター、お客様用お手洗い等の改装であったため、内装の殆どは創建当時の姿のまま残しています。
 何度来店しても「いつも同じ姿で迎えてくれるビヤホール」「思い出が詰まっているビヤホール」として多くのお客様から愛され続け、本年4月8日(土)で創建83周年を迎えます。

■伝統の「銀座ローストビーフ」を、特別価格830円にてご提供!
 「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」の看板メニューである「銀座ローストビーフ(通常1,480円)」は、時間・数量限定で販売しており毎日売切れ必至の人気メニューです。
 20年以上前から販売しており、販売当時から変わらない、大根おろしと山葵を添えた「カツオだしベースの和風ソース」が、あっさりとして肉の風味をしっかりと生かし、また生ビールの味とも非常に相性が良いと評判で、当時から現在に至るまでの自慢の一品です。
 この伝統の味である「銀座ローストビーフ」を、4月8日(土)に限り、83周年にちなんだお値段830円で販売します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/12361/553/resize/d12361-553-704547-1.jpg ]


■特大サイズ!ガリバーブーツ!
 自慢のサッポロ生ビール黒ラベルをガリバーブーツグラスにて当日限定でご用意します。創建年の1934年にちなんで1,934円にて販売します。当店の大ジョッキ約3杯分(約3,000円相当)で大ボリュームです。
 是非仲間とシェアしてお楽しみください。


何でブーツ型?
 昔のドイツの兵士が戦勝を祝うときに、長靴にビールを注ぎ回し飲みしました。そのとき、つま先にたまった空気のいたずらでビールが顔に跳ね返ることがあります。そのビールを浴びた人は『ラッキーな人』として賛美されたそうです。
[画像3: https://prtimes.jp/i/12361/553/resize/d12361-553-344203-2.jpg ]



■ビヤホールコンサート開催!
 夜は、「音楽ビヤプラザライオン」でもおなじみアルプス音楽団のコンサートを開催します。陽気なポルカやワルツ、ヨーロッパの心温まる陽気な民族音楽やダンスなどで銀座七丁目店の誕生日を盛り上げます。
 軽快な音楽を聴きながら、生ビールと料理をお楽しみください。約15分間の演奏を17時・18時・19時・20時の計4回お届けします。
※音楽チャージ料はありません。
[画像4: https://prtimes.jp/i/12361/553/resize/d12361-553-120733-3.jpg ]



■お客様全員に必ず当たるスピードくじ
 当日ご来店のお客様全員に、ハズレなしの素敵な景品が当たるスピードくじを配布します。
 1等:缶ビール2本セットとドリンク1杯券
  (サッポロ黒ラベル缶1本・サッポロクラシック缶1本)
 2等:ドリンク1杯券
  ※景品の引換はお会計時にいたします。
  ※ドリンク1杯券は次回ご来店時より有効です。 


<ビヤホールライオン 銀座七丁目店のご紹介>
 1934年(昭和9年)4月8日、大日本麦酒(株)の本社ビルとして竣工した当ビルの1階にて、ビヤホールが開店しました。戦時中空襲により多くのビヤホールは焼失または疎開のため取り壊されましたが、当ビヤホールは空襲を免れ、1945年(昭和20年)9月11日から接収され進駐軍専用のビヤホールとなりました。1952年(昭和27年)1月に接収は解除され、再度一般のお客様もご利用いただけるようになり、現在に至ります。

内装コンセプトは「豊穣と収穫」
 「天下一の建物に。後世まで残る日本を代表するビヤホールに」の想いを込められ作られた空間です。ビル及びビヤホールの内装は、当時としては贅をつくし、工夫を凝らした造りとなっており、建築家を含め多くの人から絶大な賞賛を集めました。「豊穣と収穫」がコンセプトの店内は、その所々に豊かな実りを感じさせる大麦や葡萄がモチーフの装飾が施されています。店内に一歩入ると、その歴史と風格を感じる雰囲気から「まるで教会のようだ」との感想をいただきます。
 店内正面の大型ガラスモザイク壁画には、ビール大麦を収穫する女性たちが描かれており、その中にはたわわに実った葡萄や、中央には愛や平和を象徴する「アカンサスの花」が描かれています。
店内を照らすのは、ビールの泡をイメージした水玉模様の照明や、葡萄の房をモチーフにしたシャンデリアです。
またホールの左右に並ぶ緑のタイルと天井に伸びる矢じり型の装飾からなる太い柱は「大麦」を表現しています。

[画像5: https://prtimes.jp/i/12361/553/resize/d12361-553-928564-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/12361/553/resize/d12361-553-926466-5.jpg ]



[画像7: https://prtimes.jp/i/12361/553/resize/d12361-553-126833-7.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/12361/553/resize/d12361-553-453719-6.jpg ]



[画像9: https://prtimes.jp/i/12361/553/resize/d12361-553-542992-8.jpg ]


店舗データ
店  名:ビヤホールライオン 銀座七丁目店
住  所:東京都中央区銀座7-9-20 銀座ライオンビル1F
電  話:03-3571-2590
営業時間:月〜土 11:30〜23:00/日・祝 11:30〜22:30(定休日なし)
席  数:280席

※本リリース掲載価格は全て税抜価格です。


以上

この件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
一般の方 お客様相談センター  TEL:0120-848-136



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る