• トップ
  • リリース
  • 「imageRUNNER ADVANCE Gen3 3rd Edition」が米国BLIの「2020年最優秀コピアMFPラインアップ賞」を受賞

プレスリリース

キヤノン株式会社

「imageRUNNER ADVANCE Gen3 3rd Edition」が米国BLIの「2020年最優秀コピアMFPラインアップ賞」を受賞

(PR TIMES) 2020年02月12日(水)14時25分配信 PR TIMES

米国で権威あるオフィス機器の独立評価機関であるKeypoint Intelligence社BLI事業部(※)(以下、BLI)より、キヤノンの複合機「imageRUNNER ADVANCE Gen3 3rd Edition(イメージランナー・アドバンス・ジェネレーション・スリー・サード・エディション)」が「2020年最優秀コピアMFPラインアップ賞(2020 Copier MFP Line of the Year)」を受賞しました。
[画像: https://prtimes.jp/i/13980/545/resize/d13980-545-286785-0.jpg ]



「2020年最優秀コピアMFPラインアップ賞」は、BLIが2019 年に行った独自の厳格な実機テストの結果、A3複合機(MFP)部門において総合的に優れた性能を持つ製品ラインアップを提供していると認められた1社に与えられる賞です。「imageRUNNER ADVANCE Gen3」がこの栄誉ある賞を受賞するのは3回目です。

キヤノンの複合機「imageRUNNER ADVANCE Gen3 3rd Edition」は、紙詰まりが極めて少ない優れた給紙性能、ユーザーの使い方に合わせて簡単に変更できる操作パネルなどにより、信頼性と利便性が最も高いと評価されました。さらに、「uniFLOW Online」をはじめとしたソリューションを提供し、本体機能と連携することで、オフィス業務における生産性向上、セキュリティー強化、コスト管理をサポートする点も受賞理由として挙げられています。
また、個別表彰において、ソリューション部門においても3件受賞し、「2020年最優秀コピアMFPラインアップ賞」と合わせて、キヤノンは合計4件を受賞しました。

今回の受賞で「imageRUNNER ADVANCE Gen3 3rd Edition」の性能の高さが評価されたことを励みとし、今後もより一層優れた製品、ソリューションを提供していきます。

※ Keypoint Intelligence 社BLI(Buyers Laboratory LLC)事業部は、米国に本社を置き、50年以上高い信頼を得ている、ビジネスユーザー向けのオフィス機器に対する独立評価機関です。各製品に数カ月間をかけて厳格で実践的な試験を独自に実施しており、その結果を基に発行されるレポートは正確で信頼性が高いと評価されています。

<受賞部門および受賞対象>
●2020 Copier MFP Line of the Year/2020年最優秀コピアMFPラインアップ賞
受賞対象:imageRUNNER ADVANCE Gen3 3rd Edition(A3対応機)

●Outstanding Cloud Output-Management Solution/優秀クラウド・アウトプット・マネジメント・ソリューション賞
受賞対象:uniFLOW Online
受賞理由:クラウドを使った簡単な印刷管理とコスト削減、セキュリティーを確保したどこでもプリント機能、など

●Outstanding Information Governance Solution/優秀インフォメーション・ガバナンス・ソリューション賞
受賞対象:Therefore 2019
受賞理由:非常に優れたレポート機能とドキュメント管理機能、情報ガバナンス機能、など

●Outstanding Scan Capture & Processing Solution/優秀スキャン・キャプチャー・アンド・プロセシング・ソリューション賞
受賞対象:IRIS PowerScan 11(日本未発売)
受賞理由:快適なスキャン/キャプチャ/処理タスク、文書認識の学習などインテリジェントな自動化機能、など

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る