• トップ
  • リリース
  • トランスコスモス、クリエイティブ撮影スタジオ 「STUDIO COMPASS(スタジオ コンパス)」を渋谷本社ビル内に開設

プレスリリース

  • 記事画像1

トランスコスモス

トランスコスモス、クリエイティブ撮影スタジオ 「STUDIO COMPASS(スタジオ コンパス)」を渋谷本社ビル内に開設

(PR TIMES) 2017年04月06日(木)11時32分配信 PR TIMES

撮影から編集までをワンストップに。高品質なクリエイティブをスピーディに制作

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715、以下、トランスコスモス)は、高品質なクリエイティブをよりスピーディに制作するため、クリエイティブ撮影スタジオ「STUDIO COMPASS(スタジオ コンパス)」を渋谷本社ビル内に開設しました。
「STUDIO COMPASS(スタジオ コンパス)」では、撮影専門のスタッフが、ECサイトの商品画像、広告・ランディングページ、Webコンテンツなどの制作に必要な人物や商品を、動画、および静止画で撮影します。撮影から編集までの一連のクリエイティブ制作業務を、自社内にてワンストップで行えるようになり、より効率的でスピーディな制作体制を実現します。

また、「STUDIO COMPASS(スタジオ コンパス)」には動画撮影専用の本格的な撮影・照明機材を導入しています。メイクルームも完備し、背景合成などのデジタル加工に適したグリーンバック撮影にも対応するなど、動画クリエイティブの制作を特に強化しています。今後はモーションキャプチャーシステム、3DCG、VRなどの、先進的な映像素材の制作ができるような設備の拡充も予定しています。
[画像: https://prtimes.jp/i/183/544/resize/d183-544-607917-0.jpg ]

動画広告市場は年々拡大しており、2017年には、前年比140%の1,178億円に達し、さらに、2022年には2,918億円(2016年比 約350%)にまで達すると予想されています(※出典:オンラインビデオ総研と株式会社デジタルインファクトの共同調査「国内動画広告の市場動向」より)。トランスコスモスにおいても、動画広告案件数は2016年度上期に比べ、2016年度年下期には約5倍にまで成長し、広告効果の高い動画クリエイティブを速やかに創出する取り組みを進めています。

デジタルデバイス、アドテクノロジーの進化によるメディアの多様化、バーチャルリアリティやインタラクティブ動画などの映像技術が台頭する中、トランスコスモスはスタジオ開設による映像技術への対応力を向上させ、独自の先端技術を活用したコミュニケーション戦略・運用、検証、最適化までをトータルにサポートし、お客様の投資収益率の拡大に貢献します。

※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です

(トランスコスモス株式会社について)
トランスコスモスは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。現在では、お客様企業のビジネスプロセスをコスト削減と売上拡大の両面から支援するサービスを、アジアを中心に世界31カ国・171の拠点で、オペレーショナル・エクセレンスを追求し、提供しています。また、世界規模でのEC市場の拡大にあわせ、お客様企業の優良な商品・サービスを世界49カ国の消費者にお届けするグローバルECワンストップサービスを提供しています。トランスコスモスは事業環境の変化に対応し、デジタル技術の活用でお客様企業の変革を支援する「Global Digital Transformation Partner」を目指しています。(URL: http://www.trans-cosmos.co.jp)

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る