• トップ
  • リリース
  • 身体の動きやすさを追求して開発されたレインパンツを新発売/ゴールドウインテクニカルセンターで開発

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社ゴールドウイン

身体の動きやすさを追求して開発されたレインパンツを新発売/ゴールドウインテクニカルセンターで開発

(PR TIMES) 2017年02月24日(金)10時01分配信 PR TIMES

「Science of Movement(サイエンス・オブ・ムーブメント/動きやすさを科学する)」がテーマ

株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/社長:西田明男/東証一部:コード番号8111)のTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)では、身体の動きやすさにこだわって研究したレインパンツを開発。
3月1日から、全国のTHE NORTH FACE取扱店で販売を開始します。
従来の製品は、ストレッチ素材や軽量素材を使用することで動きやすさを追求していました。
当ブランドは今シーズン、「Science of Movement(サイエンス・オブ・ムーブメント/動きやすさを科学する)」をテーマとして、人体の動きを数値化。ストレッチ性の無い素材でも、身体を動かしやすい設計で、さらに美しいシルエットのウエアを研究しました。
当社製品の研究開発を行う(株)ゴールドウインテクニカルセンター(GTC/富山県小矢部市)で、人間工学に基づいた型紙を設計し、何度も試作を繰り返し、レインパンツを開発しました。


■ザ・ノース・フェイス Cloud Pant (クラウドパンツ)(メンズ) 3月1日から発売
[画像: https://prtimes.jp/i/7414/537/resize/d7414-537-161883-0.jpg ]


品番:NP11713
価格:14,000円+税
素材:50D GORE-TEX Paclite(2.5層)(表:ポリエステル100%、裏:ePTFE)
サイズ:S、M、L、XL、XXL、TS、TM
カラー:コズミックブルー(CM)、ブラック(K)
特長:GTCにおいて、人間工学に基づき型紙を設計し、登山中に足を上げた時、動きに対する抵抗が少なく、すそがずり上がりにくいレインパンツを開発しました。
腰から膝にかけて、立っている状態と足を曲げている状態をモーションキャプチャーを使い計測、数値化。
その情報を元に動きやすく美しいシルエットを実現するパターン(型紙)が完成し、「DRIVELINE TECHNOLOGY(ドライブライン・テクノロジー)」と名付けました。
従来のレインパンツは、下にはくパンツ(ズボン)に干渉しないよう太めの設計でしたが、当商品は「DRIVELINE TECHNOLOGY」を採用し、すっきりとしたシルエットながらも膝を曲げてもすそが上がりにくく、かつ、長時間はいてもお尻がずり下がりにくい設計です。
さらに股下の縫製箇所は、ファスナーがある外側のみ。内側には縫製箇所が無いため、縫製糸やシームテープなどを使っていない分、軽量化を実現しています。
シンプルなデザインながらも動きやすい設計は、まさにGTCの技術です。
※同品番は、レディスモデルもございます。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る