プレスリリース

株式会社ジェイティービー

2020年に向けて観光分野で新たな事業創出と商品開発で協業

(PR TIMES) 2015年06月22日(月)14時51分配信 PR TIMES

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)と、株式会社ジェイティービー(以下、JTB)は、訪日外国人観光客が2,000万人に達するとみられる2020年に向け、JTBの持つ観光分野での知見やノウハウと、パナソニックの持つICTソリューション技術とを組み合わせることで、観光分野での新たな事業創出と商品開発を目指した包括的協業を開始することに合意しました。
近年、政府の観光振興施策により訪日外国人観光客が急増していますが、言葉の壁に不便を感じる人が多いなど、おもてなしという点で、サービス・インフラ面に改善の余地が多く残されています。これらサービス・インフラの整備を事業機会とし、異業種が手を結び新たなソリューションを提案することで、日本のおもてなしの進化に貢献していきます。

本協業における第一弾の取り組みとして、パナソニックが現在、国立研究開発法人 情報通信研究機構(以下NICT)とともに研究開発を進めている多言語翻訳技術を用いた自動翻訳機の実用化に向け、観光分野における実証実験を7月より開始します。本実証実験に協力いただく予定の事業者は以下の通りで、ホテル・旅館や観光案内所などの外国人観光客が訪れる窓口に自動翻訳機を設置します。お客様の接待業務などにおける自動翻訳機の有用性の確認や、改善点の抽出などを行います。実験結果は2020年に向けた事業の創出や翻訳機の商品開発などに反映していきます。

・和倉温泉 加賀屋(石川県)
・京都ホテルオークラ(京都府)
・JPタワー・KITTE内観光案内所 東京シティアイ(東京都)

パナソニックは2020年とその先に向けた「未来の暮らし」の実現に向けたソリューションの提案、JTBは人々の交流を創造し感動と喜びを提供する「交流文化事業」の創造に取り組んでいます。今後は両社の取り組みを掛け合わせることで、観光分野での連携を加速させ、事業創出および商品開発を目指します。

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る