プレスリリース

  • 記事画像1

TISインテックグループ

TIS、「VMware Cloud on AWS」の提供を開始

(PR TIMES) 2018年11月13日(火)15時40分配信 PR TIMES

〜 VMwareとAWSの双方の技術ノウハウを活かし、クラウド活用を支援 〜

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下 TIS)は、ヴイエムウェア株式会社の提供するクラウドプラットフォーム「VMware Cloud(TM) on AWS」を提供開始することを発表します。
 「VMware Cloud on AWS」は、VMware の Software-Defined Data Center(SDDC)ソフトウェアをアマゾン ウェブ サービス(以下AWS)クラウドに構築するオンデマンドのサービスです。本サービスを活用することで、顧客が従来運用するオンプレミスの仮想化環境の「ハイブリッドクラウド化」や「クラウドマイグレーション」のハードルが下がり、ITインフラの選択肢を提供することが可能となります。

 TISは、「クラウド&セキュリティ」と「コンサルティング&マネージドサービス」を組み合わせワンストップ型で付加価値提供をする「Platform Square」傘下のメニューの「エンタープライズ・クラウド運用サービス」の対応クラウドに「VMware Cloud on AWS」を加えます。
 既にAWS向けとAzure向けに提供している「エンタープライズ・クラウド運用サービス」が「VMware Cloud on AWS」に対応することで、クラウドの運用の一元的管理を支援します。

<「エンタープライズ・クラウド運用サービス」の全体像>
[画像: https://prtimes.jp/i/11650/527/resize/d11650-527-166712-0.jpg ]


 TISでは、大規模なVMware 環境を利用し以下のような課題をもつ企業を中心に「VMware Cloud on AWS」を提供していきます。

・ITインフラの運用管理負荷が高く、人材不足などから長期的な対策を考える必要がある
・クラウド化を推進したいが、既存の仮想環境の規模が大きく、ネイティブなクラウドサービスへの移行負担が大きい
・社内にVMwareのノウハウはあるが、AWSのノウハウが無くクラウドの採用を進められない

■ 「VMware Cloud on AWS」提供開始の背景
 クラウドの利用が浸透する一方で、まだ多くの企業ではオンプレミスの仮想化技術をベースとした運用の構築やエンジニアの育成を行っている現状があります。人手不足が深刻化した昨今では、ITエンジニアの確保も難しくなっていることも影響し、クラウドのような新しい技術を企業のITシステムに全面採用していくには課題がありました。
 「VMware Cloud on AWS」では、クラウド最大手の一つであるAWSとオンプレミス環境の仮想化技術最大手のVMwareの技術が高度に統合されており、従来のクラウドサービスの利用と比較するとオンプレミスの仮想化技術との親和性や移行性が高くなっています。
一方で、AWSの技術をベースとしていることから、AWSとVMwareの両技術に精通した知見が導入や運用には必要となります。

 TISでは、2010年よりVMwareの最上位パートナーとして、これまで数多くのサーバ仮想化案件で移行・導入・運用を手掛けると同時に、AWSでも2015年より最上位のプレミアコンサルティングパートナーとして、大手・金融機関の顧客を中心に、お客様のクラウド活用を支援してきました。
 AWSとVMwareの取り扱い実績が豊富なTISが、顧客の「VMware Cloud on AWS」利用の際にハードルとなる技術的な支援をすることで、クラウドの活用促進を後押しします。

■TISが提供する「VMware Cloud on AWS」向けサービスの特長
 TISでは、以下のような「VMware Cloud on AWS」の導入及び運用サービスを提供していきます。

【提供サービス】
1) 導入サービス
 「VMware Cloud on AWS」はAWSの基盤を利用しているため、VMwareに加えて、AWSのサービスや技術に密接に関わっています。そのため、従来のVMware製品の導入とは異なる手続きや準備、設計が存在しています。TISでは、VMwareチームとAWSチームの双方が連携し、サービス間連携からネットワーク設計など、円滑な「VMware Cloud on AWS」導入を支援します。

2) 運用サービス
 TISの提供する「エンタープライズ・クラウド運用サービス」のマネージドサービスコントロールセンター(MSCC)では、従来のオンプレミス環境の運用管理から、「VMware Cloud on AWS」やAWSなどクラウドの運用サービスまでを一元的に管理します。本サービスで、顧客が「VMware Cloud on AWS」を活用する際に生じるVMwareとAWS双方の運用をまとめて対応することで、クラウド運用の負担を軽減します。

・VMware Cloud on AWS
http://www.tis.jp/service_solution/vmc_on_aws
・エンタープライズ・クラウド運用サービス
https://www.tis.jp/service_solution/cloud_management/


ヴイエムウェア株式会社 執行役員 ソリューションビジネス本部 管掌 ストラテジックアカウントビジネス本部 本部長 秋山 将人氏は、「VMware Cloud on AWS」の提供開始について以下のように述べています。
「ヴイエムウェア株式会社はTISがマネージドサービスプロバイダーとしてVMware Cloud on AWSを提供することを大変嬉しく思います。VMware Cloud on AWSは、VMwareのテクノロジーを採用した環境のシームレスな移行と拡張を実現し、ハイブリッドクラウドおよびマルチクラウドの活用を加速させます。TISの多くのエンタープライズ領域における導入・運用サービス実績は、お客様が容易にVMware Cloud on AWSを導入できるようサポートします。ヴイエムウェアは今後もTISとともにお客様のデジタルトランスフォーメーション実現を支援してまいります」


TIS株式会社について
TISインテックグループの TIS は、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型の IT ソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN 地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で 3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。http://www.tis.co.jp/

TISインテックグループについて
TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。


※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。
※ VMwareおよびVMware Cloudは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。
※ アマゾン ウェブ サービス、AWSは米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る