• トップ
  • リリース
  • ネクスウェイの『FNX eー受信FAXサービス』が第12回「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2018」ASP・SaaS部門支援業務系分野ベストイノベーション賞を受賞

プレスリリース

  • 記事画像1

TISインテックグループ

ネクスウェイの『FNX eー受信FAXサービス』が第12回「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2018」ASP・SaaS部門支援業務系分野ベストイノベーション賞を受賞

(PR TIMES) 2018年11月07日(水)13時40分配信 PR TIMES

TISインテックグループの株式会社ネクスウェイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中宏昌、以下ネクスウェイ)の「FNX e-受信FAXサービス」が、第12回「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2018」においてASP・SaaS部門支援業務系分野のベストイノベーション賞を受賞しました。
■ASPIC IoT・AI・クラウドアワードとは
特定非営利活動法人ASP・SaaS・IoT クラウドコンソーシアム(略称:ASPIC)が日本国内で優秀かつ社会に有益なクラウドサービスを顕彰するもので、クラウド事業者及びユーザ企業の事業拡大を支援し、クラウドサービスが社会情報基盤として発展・確立することの一助になることを目的としています。12回目を迎えた今回は、全7部門計10賞が選ばれました。表彰式は2018年11月6日(火)経団連会館で実施されました。
[画像: https://prtimes.jp/i/11650/525/resize/d11650-525-264898-0.jpg ]

▲表彰式にて、ASPIC河合会長から表彰状を受け取る岸代表取締役専務

今回の受賞にあたり、ネクスウェイの『FNX e-受信FAXサービス』は革新性を持った優秀なサービスであることが評価されました。

<サービスの特長>

受信したFAXをイメージデータで保管し、WEB画面に表示することでペーパーレス化を推進
自動仕分け機能により、受信したFAXの仕分け作業を軽減
WEB画面上の簡単操作で、文字入力や受信したFAX毎の優先順位付けを実現し作業の抜け漏れを防止


■『FNX e-受信FAXサービス』とは
『FNX e-受信FAXサービス』は、受信したFAXをブラウザ上で確認して、必要な情報を追記して返信・転送が行えるASPサービスです。専用のアダプターをFAX回線とLANに接続することで、FAX番号を変更することなくサービスをご利用いただくことができ、受発注業務を効率的に行うことが可能です。2017年4月提供開始以降、様々な業界でご導入いただき、着実に提供社数を増やしています。
今後、機能改善や機能追加を行なっていくことで、お客様の業務フローに合わせた「使いやすさ」を追求した、より良いサービスの提供を目指します。
『FNX e-受信 FAXサービス』についての詳細は下記のURLをご参照ください。
https://www.nexway.co.jp/lp/jushin/

■利用料金
初期費用 : 62,000円〜
月額費用 : 15,000円〜

■株式会社ネクスウェイについて(https://www.nexway.co.jp
「FOR MOVIN’ 想いを情報でつなぎ、躍動する社会をつくる」を理念に掲げるネクスウェイは、お客様の想いに向き合い、その想いを情報という形に仕立て、世界に伝わり、つながり合うきっかけをつくります。 その手段は多岐にわたり、30年の歴史を誇るFAX一斉送信サービスをはじめ、薬剤師を支援する日本薬剤師協会との共同メディアや、FinTech事業者の取引開始をスムーズにするKYC業務支援サービス等、お客様のニーズや時代の流れに合わせたラインナップが強みです。

■TISインテックグループについて(https://www.tis.co.jp/
TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。


■『FNX e-受信 FAXサービス』に関するお問い合わせ先
電話:0120-341-890 e-mail:clp@nexway.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る