• トップ
  • リリース
  • 事業継続対策としてクラウド型テレワーク支援サービス「テレワークサポーター」を特別価格で提供

プレスリリース

キヤノンITソリューションズ株式会社

事業継続対策としてクラウド型テレワーク支援サービス「テレワークサポーター」を特別価格で提供

(PR TIMES) 2020年03月02日(月)14時25分配信 PR TIMES

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金澤 明、以下キヤノンITS)は、事業継続対策のためテレワークの実施を計画している企業さまに安心してテレワークを導入していただけるよう、クラウド型テレワーク支援サービス「テレワークサポーター」を特別価格で提供します。
昨今、事業継続対策のため在宅勤務をはじめとした通勤を伴わないテレワークを導入する企業が増えています。一方、テレワーク制度の導入では、勤務管理やセキュリティ面で不安を抱えている企業さまも少なくありません。「テレワークサポーター」は企業のこうした不安を解消し、安心してテレワークを行うためのクラウドサービスです。「テレワークサポーター」は、パソコン上のWebカメラで常時本人認証を行い、勤務者の在席・離席を判別して勤務時間を記録します。また、勤務者以外の「のぞき込み」や「なりすまし」を検出し情報漏洩リスクを抑止することができます。発売以来、業種に関わらず多数の企業さまに導入いただいています。
この度、事業継続対策を検討されている企業さまを対象に「テレワークサポーター」の期間限定、特別価格での提供を開始します。少人数のスモールスタートから手軽に使用できますので、働く場所や時間を有効に活用できるだけでなく、不測の事態に速やかに対応できる体制づくりにお役立て下さい。

▼特別提供内容
1.2020年5月末日まで1ユーザーにつき1,000円(税別)でご利用可能です。
2.通常20,000円の初期費用が無料となります。

例)50ユーザーでご利用の場合
2020年5月末まで 50 × 1,000 = 50,000円(税別) でご利用可能です。

・お申し込み期限は2020年4月末日までとなります。
・通常価格は1ユーザーにつき月額2,000円相当です。
・2020年6月からは通常料金でのご利用となります。(ご契約は5ユーザー単位です。)
・ご注文いただいてから最短3日でご利用環境を提供いたします。
お申し込みが集中した場合は提供までに時間を要する可能性があることをご了承ください。
・お申し込みは新規でご利用のお客さまに限らせていただきます。
・100ユーザーを超えるお申し込みの場合はご相談ください。(お申し込みフォームにご希望のユーザー数を記入ください。)

▼お申し込み
下記テレワークサポーターホームページの「お問い合わせ」ボタンより進んでいただき、フォーム上の「内容」欄に「事業継続プラン申し込み」と明記の上、お申込みください。追って担当より連絡いたします。
https://www.canon-its.co.jp/products/telework/

▼クラウド型テレワーク支援サービス「テレワークサポーター」概要
テレワークサポーターは利用者のパソコン上のWebカメラ画像から本人を認証し、在席時間の計測や利用者以外を検知するクラウドサービスです。
・勤務者以外の人物を検知し、画像を保存します。
・在席離席を自動で判別し、ログに記録します。
・ワンクリックで業務内容を登録し、作業時間を集計します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/1375/523/resize/d1375-523-866303-0.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/1375/523/resize/d1375-523-971987-1.png ]


▼動作環境、その他機能詳細はテレワークサポーターオフィシャルページよりご確認ください。
https://www.canon-its.co.jp/products/telework/


● 報道関係者のお問い合わせ先
企画本部 事業推進部 コミュニケーション推進課 03-6701-3603

● 一般の方のお問い合わせ先
ITサービス事業部 ITサービス営業部 TEL:03-6701-3560



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る