• トップ
  • リリース
  • トランスコスモス、産学連携による研究奨励・学生への業界啓蒙を目的に「次世代コミュニケーション 論文コンテスト」を実施

プレスリリース

トランスコスモス株式会社

トランスコスモス、産学連携による研究奨励・学生への業界啓蒙を目的に「次世代コミュニケーション 論文コンテスト」を実施

(PR TIMES) 2016年12月13日(火)11時51分配信 PR TIMES

国内の大学・大学院の学生から広く公募

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715、以下、トランスコスモス)は、デジタルコミュニケーション分野における学生研究の奨励と業界啓蒙を目的に、国内の大学・大学院に在学中の学生を対象とした論文コンテストを実施します。
今回の「次世代コミュニケーション 論文コンテスト」は、国内の大学・大学院に在学中の、理系・文系問わずデジタルコミュニケーション分野に関心のある学生から、「若者の消費とマーケティング」などのテーマで幅広く論文を募るものです。次世代を担う学生に研究成果の発表の場を提供し、業界啓蒙を図るとともに、発展著しく、変化の速いデジタルコミュニケーション分野への提言を求めます。

デジタルネイティブ世代の経験に基づく柔軟な発想、若い感性による常識にとらわれない自由なアイディアを活かした論文の応募をお待ちしています。

■次世代コミュニケーション 論文コンテストの概要
テーマ   1) 若者の消費とマーケティング
      2) チャット&botの登場はマーケティングにどのようなチャンスをもたらすか?
      3) 消費者と企業のコミュニケーションのこれから
      4) 業界最新デジタルマーケティング研究 から1つ選択
応募締切  2017年1月16日(月)
応募資格  日本国内の大学・大学院に在学中の学生
      (学生および指導教員との共著可)
論文形式  書式体裁などは自由 / 日本語 / 12,000字以内 / A4・15枚以内
      ※参考データとして『消費者と企業のコミュニケーション実態調査2016』生データを無償提供
      『消費者と企業のコミュニケーション実態調査2016』特設サイト
      http://www.trans-cosmos.co.jp/data/2016dec/
表彰・賞品 書類選考の結果(1月20日(金)発表)、
      上位5組は2017年1月28日に渋谷にて最終プレゼン後、表彰
      ・最優秀賞 : 賞金 + 副賞
      ・優秀賞 : 賞金 + 副賞
      ・優良賞 : 副賞
提出物   1)論文本文 2)サマリー(A4・1枚以内)
提出方法  PDFファイルをtci_careersupport@trans-cosmos.co.jp あてに電子メールで提出
その他   ・論文は未発表のものに限ります
      ・投稿された論文の著作権はトランスコスモス株式会社に帰属します
問い合わせ トランスコスモス株式会社 次世代コミュニケーション論文コンテスト事務局
      担当:白須 Tel:03-4363-0195 Mail:tci_careersupport@trans-cosmos.co.jp

※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です

(トランスコスモス株式会社について)
トランスコスモスは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。現在では、お客様企業のコスト削減を支援するコンタクトセンター・人事/経理/営業バックオフィス・受発注/SCM・システム開発/運用などのサービスを、また、お客様企業の売上拡大を支援するビッグデータ分析・インターネット広告・Webサイト構築/運用・スマートフォン/ソーシャルメディア活用・テレマーケティングなどのサービスを、アジアを中心に世界31カ国・166の拠点で、オペレーショナルエクセレンスを追求し、提供しています。また、世界規模でのEC市場の拡大にあわせ、お客様企業の優良な商品・サービスを世界48カ国の消費者にお届けするグローバルECワンストップサービスを提供しています。トランスコスモスは高品質なBPOサービスを世界規模で提供する、お客様企業の「Global BPO Partner」を目指しています。(http://www.trans-cosmos.co.jp)

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る