• トップ
  • リリース
  • オプトグループのbrainy、パブリッシャー支援事業で新たに、Programmatic広告運用のフルアウトソーシングサービス「bConcierge」を開始

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社オプトホールディング

オプトグループのbrainy、パブリッシャー支援事業で新たに、Programmatic広告運用のフルアウトソーシングサービス「bConcierge」を開始

(PR TIMES) 2018年10月11日(木)18時40分配信 PR TIMES

株式会社brainy(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:山岡真士、以下brainy)は、パブリッシャー支援事業において、新サービスとしてProgrammatic広告運用のフルアウトソーシングを実現する「bConcierge」を開始しましたので、お知らせいたします
昨今、Programmatic※1領域におけるアドテクノロジーは加速度的に進化しています。パブリッシャー※2が自社メディアの広告収益を最大化をするための対応工数も比例して増大し、運用方法もとどまることなく複雑化しています。また、ユーザデータの取り扱いが厳格化され、不正広告配信への対処が強まっており、パブリッシャーは安心安全で、かつこれまでよりもさらに媒体特性を活用した広告商品設計に注力することが求められます。

このような背景からパブリッシャーのProgrammatic領域においては、専門知識を持つ外部の事業者※3へ広告運用を委託し、リソースをシフトする流れが主流になっていくと考えております。

【サービス概要】
brainyの新サービス「bConcierge」は、アウトソース型の広告運用サービスです。brainyプラットフォームとの配信接続有無にかかわらず、パブリッシャーがご利用中の全広告配信プロダクトの運用がアウトソース可能です。また、業務工数を移管するだけでなく、brainyがプロダクトの選別、設計、運用をおこなうことにより、Programmatic広告収益を最適化させることができます。brainyがパブリッシャーにかわって各事業社との仲介役になり、専門知識により運用を代行することで、Programmatic広告収益のさらなる成長率、利益率の向上が見込めます。
[画像: https://prtimes.jp/i/14848/512/resize/d14848-512-102207-0.png ]


※1 パブリッシャー:広告収益をビジネスモデルとしているインターネットメディア企業
※2 Programmatic:複数のデジタルプラットフォームを通じて自動的にメディアを購入するプロセスの総称
※3 事業社:ここでは、主にパブリッシャーの広告在庫を販売、購入するアドテクノロジー企業

【導入事例】
本文には実際導入されたグローバルゴルフメディアグループ株式会社様のインタビュー記事を掲載してます。
https://www.brainy-inc.co.jp/pdf/release_20181011.pdf

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る