プレスリリース

軽減税率に対応した電卓2機種を発売

(PR TIMES) 2019年07月30日(火)15時40分配信 PR TIMES

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、2種類の税率キーを搭載するなど軽減税率に対応した電卓2機種を2019年8月22日より発売します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/13943/506/resize/d13943-506-868027-5.jpg ]



○キヤノン電卓ホームページ:https://cweb.canon.jp/calc/index.html



新製品“HS-1250WUC” と“LS-100WT” は、「税込」と「税別」の税率キーを2 セット搭載した電卓です。「税込」と「税別」キーにそれぞれ「10%」と「8%」など異なる税率を設定しておくことで、スムーズな税率計算が可能です。本年10月1日より実施が予定されている消費税率の変更と軽減税率の導入に際し、複雑な税計算も簡単に行うことができます。

新製品“HS-1250WUC” は、卓上サイズの12 桁表示モデルです。千万単位機能を搭載し、大きな桁数も分かりやすく表示することが可能です。抗菌仕様になっているため飲食店での利用や、複数人で使用する備品などにも安心です。

新製品“LS-100WT” は、手のひらに収まるサイズの電卓です。スノーホワイト、ストロベリーピンク、アクアブルー、ミッドナイトブルーの4色のカラーバリエーションをラインアップしています。また、従来モデル「LS-80TU」(2011年10月発売)が8桁表示モデルだったのに対し、新製品“LS-100WT” は10桁表示モデルとなっており、より大きな桁数を必要とする用途でも利用できます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/13943/506/resize/d13943-506-899743-3.jpg ]



[表: https://prtimes.jp/data/corp/13943/table/506_1.jpg ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/13943/506/resize/d13943-506-158255-0.jpg ]



<主な特長>
■ HS-1250WUC
・消費税率の改定や軽減税率の計算に対応した、2種類の税率計算対応モデル。
・実務利用に適した12桁表示モデル。
・桁数の大きな数字の認識や入力に便利な千万単位機能搭載。
・会社や店頭の備品など、複数の人が共有して使用するシーンでも快適な抗菌仕様。
・3タイプのキー成型を採用し、心地よいクリック感と入力ミス防止を両立。
・素早いキー入力に対応する早打ち機能。

■ LS-100WT
・消費税率の改定や軽減税率の計算に対応した、2種類の税率計算対応モデル。
・幅広い利用シーンに対応する10桁表示モデル。
・素早いキー入力に対応する早打ち機能。
・選べる4カラー。


[画像4: https://prtimes.jp/i/13943/506/resize/d13943-506-687696-4.jpg ]



[画像5: https://prtimes.jp/i/13943/506/resize/d13943-506-843862-2.jpg ]



[画像6: https://prtimes.jp/i/13943/506/resize/d13943-506-153442-1.jpg ]



<電卓の国内市場動向>
電卓の国内市場は、2018 年のメーカー出荷台数ベースで年間約485万台、金額ベースで約50
億円と予測しています。(キヤノンMJ 調べ)



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る