• トップ
  • リリース
  • もはやウッドティーはもらう時代!「ウッドティー1,000万本を無料で配布」はじめました!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

もはやウッドティーはもらう時代!「ウッドティー1,000万本を無料で配布」はじめました!

(PR TIMES) 2017年04月25日(火)17時15分配信 PR TIMES

え?ゴルフプレー前にティーを買わない?ティーはもらう時代!

総合ゴルフショップ「ゴルフパートナー」を全国350店舗(2017年3月末日現在)でチェーン展開するゼビオグループの株式会社ゴルフパートナー(東京都千代田区:代表取締役 石田純哉 以下、ゴルフパートナー)は、2017年4月22日(土)より、ゴルファーにもっとゴルフラウンドをして欲しい、その想いをこめて、「ウッドティー1,000万本無料配布プロジェクト」をはじめます。
[画像: https://prtimes.jp/i/4149/506/resize/d4149-506-286361-0.jpg ]

私たちゴルフパートナーは、上昇傾向にあるゴルフ道具購入の負担を少しでも軽減すべく、ゴルファーにもっともっとラウンドをして欲しい、せめてティーのコストは気にせずにラウンドして欲しいと想いを込めて、この春「ゴルファー感謝祭!来店するだけでウッドティー合計1,000万本無料プレゼント!」を実施します。購入条件等は一切無く、ご来店するだけでティーをプレゼントいたします。ゴルフでは欠かせないアイテムながら比較的好き嫌いがなく、ゴルフ仲間とも分け合える「ティー」を無料配布することを選択しました。以前はゴルフ場でももらえたティーですが、昨今はゴルフ場の不景気もあり、配布を控えるゴルフ場も増えていますので、ゴルフ場に行く前には是非ゴルフパートナーにお立ち寄り頂き、必ず使うティーをお持ち帰り頂き、ラウンドを楽しんで頂きたいと考えています。

なぜ、売り物であるはずのティーをプレゼントするのか?
2011年に903万人いたゴルフ人口も最新の調べては、2015年には763万人にまで落ち込んでおり、たった4年間で140万人も減少したことになります。さらに、今後も減少し続ける予測が出ています。今までゴルフ業界の消費を支えてきた団塊の世代が退職し、さらに様々な環境変化の中でゴルフから離れてしまうため、自然人口減よりも厳しい状況が待ち受けています。

ゴルフ小売を生業とする私たちにとって市場の拡大は必須です。そのためにあらゆる策を講じていきたいと考えています。既に私たちは「はじめてのごるふくらぶプロジェクト」というゴルフをはじめたいと思っている方へゴルフクラブを一本プレゼントする、ゴルフ「スタート応援企画」も実施していますが、今回は既にプレーしている方の出費を軽減し、出来るだけプレーを楽しんで頂きたいという想いを具現化した企画となっております。「ゴルフに行く前にティーをもらってから行く」がゴルファーの合言葉になるよう、私たちはゴルフライフを応援し続けます。

【企画概要】
タイトル :ゴルファー感謝祭!来店するだけでウッドティー合計1,000万本無料プレゼント!
期間    :2017年4月22日 〜 全国で1,000万本配布終了するまで
内容 :ゴルフパートナー・フェスティバルゴルフにご来店するだけでティー無料配布
対象者 :全てのゴルファー(ご来店が必要です)
注意事項 :店舗により終了日が異なります。詳しくはスタッフまでお尋ねください。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る