• トップ
  • リリース
  • 諒設計アーキテクトラーニングスクールの「カリグラフィーデザイナーW資格取得講座」通信講座を新規開講しました。

プレスリリース

株式会社新生技術開発研究所

諒設計アーキテクトラーニングスクールの「カリグラフィーデザイナーW資格取得講座」通信講座を新規開講しました。

(PR TIMES) 2018年09月15日(土)14時01分配信 PR TIMES

最短2ヶ月で2資格取得できる!資格取得でスキルアップできる!

株式会社新生技術開発研究所は、諒設計アーキテクトラーニングスクールの「カリグラフィーデザイナーW資格取得講座」通信講座を新規開講したことをお知らせいたします。
「カリグラフィーデザイナーW資格取得講座」講座内容

[画像1: https://prtimes.jp/i/14144/503/resize/d14144-503-149205-0.jpg ]



カリグラフィーデザイナーW資格取得講座、カリグラフィーデザイナーW資格取得スペシャル講座ではカリグラフィーの歴史、カリグラフィーのフォントの種類、カリグラフィーを使う仕事やテクニックを学び、実際に書き方の練習も出来る講座となっています。
初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているのでどなたでも安心して受講できる内容となっています。

資格取得について

[画像2: https://prtimes.jp/i/14144/503/resize/d14144-503-783359-3.jpg ]



本講座は日本デザインプランナー協会(JDP)主催の「カリグラフィーデザイナー」(https://www.designshikaku.net/test/calligraphy/)、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「カリグラフィー飾り文字インストラクター」(https://www.jpinstructor.org/shikaku/calligraphy/)の2資格に対応しています。


カリグラフィーデザイナーとは

カリグラフィーデザイナーとして、カリグラフィーの歴史、カリグラフィーに必要な道具、カリグラフィーの練習方法や上達するためのコツ、カリグラフィー業界の知識やアート作品、カリグラフィーで使われるエックスハイトといった専門用語の知識など、カリグラフィーに関する知識を有していることが証明されます。資格取得後は、カリグラフィーデザイナーとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/14144/503/resize/d14144-503-970040-1.jpg ]



カリグラフィー飾り文字インストラクター

カリグラフィー飾り文字インストラクターとして、カリグラフィーのフォントや書き方に関する知識を有していることが証明されます。例えば、カリグラフィーのフォントであるイタリック体、ゴシック体、アンシャル体、ローマ大文字体、ブックハンド小文字体、フラクチャー体、カッパープレート体、ラスティック体の特徴や書き方といった知識を有していることが証明されます。資格取得後は、カリグラフィー飾り文字インストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。


資格協会指定のスペシャル講座も用意!

[画像4: https://prtimes.jp/i/14144/503/resize/d14144-503-448618-2.jpg ]

当スクール限定で各協会が指定するスペシャル講座を受講する事が出来ます。スペシャル講座では添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出する事と試験免除で「カリグラフィーデザイナー」「カリグラフィー飾り文字インストラクター」の2資格が講座卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格を取得したい方、確実に資格を取得したい方にお勧めのコースです。

卒業後は資格を活かした仕事や自宅やスクールで講師活動ができます!
本講座で取得可能な「カリグラフィーデザイナー」「カリグラフィー飾り文字インストラクター」の資格を活かしてデザイン関係の仕事で活躍、または自宅やカルチャースクールでカリグラフィーを教える講師としての活動をすることも可能です。

詳細・お申し込みはこちら
https://www.designlearn.co.jp/calligraphy/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る