• トップ
  • リリース
  • 学研・市進グループの教育託児施設がAsMamaと連携 「クランテテ三田」へ「子育てシェア」を導入

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社 学研ホールディングス

学研・市進グループの教育託児施設がAsMamaと連携 「クランテテ三田」へ「子育てシェア」を導入

(PR TIMES) 2015年06月22日(月)10時19分配信 PR TIMES

株式会社学研ホールディングス(東京・品川/社長:宮原博昭)グループにおいて、教室・塾事業を展開する株式会社学研塾ホールディングス(東京・品川/社長:福住一彦)と、株式会社市進ホールディングス(千葉・市川/社長:下屋俊裕)との共同出資により設立された株式会社GIビレッジ(東京・港区/社長:秋谷俊之)は、モンテッソーリ教育をベースとした“生きぬくちから”をはぐくむバイリンガル・スクール「clantete(クランテテ)三田(以下「クランテテ」)」において、顔の見える地域交流の場づくりと、リアルな関係性をネットに同期化し子育てを頼り合えるオンラインの仕組み「子育てシェア」を運営している株式会社AsMama(神奈川・横浜/社長:甲田恵子、以下「AsMama」)との連携により、近隣の幼稚園や保育園、学校、習い事間の柔軟な送迎支援の体制を整え、隙間のない親子支援を提供していきます。

本取り組みの背景には、昨今、幼児や小学生の子どもを持つフルタイムワーカーが抱える問題として、保育サービスを活用しながらも、通園・通学や習い事への送迎支援、時間外託児や病児の託児支援等のニーズがありましたが、これらをかなえる支援サービスが希薄であるために、親にとっても子どもにとっても十分に安心して、育児も仕事も両立できる環境にはないことが挙げられます。

こうした中、クランテテでは、AsMamaにて研修を受講した託児支援者「ママサポーター」によるサポートや、クランテテに通う保護者同士が助け合える「子育てシェア」の活用を促進することで、通園・通学や習い事への送迎等の支援ニーズにきめ細かく対応していきます。

本サービスの開始における「子育てシェア」の活用説明会を、クランテテ会員の保護者様のみならず、同様の悩みを抱える近隣の方々に向けて開催いたします。

どうぞお気軽にお越しください。


「クランテテ×子育てシェア」活用説明会
■ 開催日時:2015年7月18日(土)10: 00〜12: 00
■ 会場:clan tete(クランテテ)三田 (東京都港区三田1-3-31 FORECAST 三田3F)

★「clantete(クランテテ)三田」とは・・・<a href="http://clantete.com/" target="_blank" rel="nofollow">http://clantete.com/
[画像1: http://prtimes.jp/i/2535/498/resize/d2535-498-116083-0.jpg ]

モンテッソーリ教育をベースとしたバイリンガル・スクール。2〜6歳のお子様向けの幼児保育「プリスクール」と、小学1年生〜6年生のお子様向けの学童保育「アフタースクール」を運営。子どもたちは、モンテッソーリ教育の活動をベースに、学習習慣サポートや、運動指導「リトルアスリートクラブ」、英語指導「GrapeSEED(幼児)」「Talking Time(小学生)」など、多彩なプログラムに毎日取り組みます。私立小学校に通っているお子様を対象とした内部進学対策のための完全オーダーメイド型個別指導「クランテテ・アカデミー」も併設しています。

★「子育てシェア」とは・・・<a href="http://asmama.jp/" target="_blank" rel="nofollow">http://asmama.jp/
[画像2: http://prtimes.jp/i/2535/498/resize/d2535-498-423248-1.jpg ]



1時間ワンコイン(500円〜)で子どもの送迎や託児を親子共に顔見知りのご近所同士で頼り合えるインターネットサービスです。利用時の謝礼は依頼者と支援者とのやり取りのみで、登録料や手数料などは一切なし。万一の事故時には全支援者に最高5,000万円までの賠償責任保険が適用されます。



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る