• トップ
  • リリース
  • SARAスクールジャパンの「リフレクソロジーコース」通信講座を新規開講しました。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社新生技術開発研究所

SARAスクールジャパンの「リフレクソロジーコース」通信講座を新規開講しました。

(PR TIMES) 2018年08月03日(金)18時01分配信 PR TIMES

自宅で資格取得ができる!資格取得でスキルアップできる!

株式会社新生技術開発研究所は、SARAスクールジャパンの「リフレクソロジーコース」通信講座を新規開講したことをお知らせいたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/14144/496/resize/d14144-496-837218-0.jpg ]

リフレクソロジー 基本コース/プラチナコースではリフレクソロジーの基本知識からリフレクソロジーの種類、その効果、状況別のリフレクソロジー、リフレクソロジーの実践技術を学ぶ事が出来ます。テキストに沿って学習できるので初心者の方でも問題なく学ぶ事ができ、人気の講座となっています。

講座内容
リフレクソロジーとは「反射学」のことで一般的には「反射療法」と呼ばれています。手や足の裏にある無数の反射区を刺激することによって、内臓の疲れを取ったり血流を良くしたりすることができます。これは、足の裏のある場所が特定の内臓の反射区になっていることによるもので、どんな人でも本来持っているはずの自然治癒力を引き出し、免疫力を高めることができます。リフレクソロジーの基本的な反射区やご自身のよくある不調に対応する反射区を覚えると、手軽にケアをすることができます。

資格取得について
本講座はリフレクソロジーに興味がある人であれば初心者からでも問題なく受講できるカリキュラムを採用しています。早めに学習を進めた場合、初心者の方でも最短2ヶ月程度で卒業、資格取得が可能な内容となっています。

日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)主催の「リフレクソロジーセラピスト」、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「健康リフレクソロジーインストラクター」の2資格に対応しています。また、プラチナコースは卒業事に試験免除で資格が認定されるので2つの資格を100%確実に取得できます。
SARAのプラチナコースでは、卒業課題を提出する事により資格試験が免除になり、「リフレクソロジーセラピスト」「健康リフレクソロジーインストラクター」の2資格が卒業と同時に認定されます。すぐにでも資格が取りたい人へおススメのコースです。

リフレクソロジーセラピスト
日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)

[画像2: https://prtimes.jp/i/14144/496/resize/d14144-496-183692-2.jpg ]

リフレクソロジーセラピストとして、東洋医学の歴史や基本、各国の健康法やリフレクソロジーの効果・種類・行い方の知識を有していることが証明されます。例えば、気血水や弁証論治、未病、経路、正気、邪気といった東洋医学の考え方、台湾・中国・日本・タイ・インドの健康法、リフレクソロジーの歴史、陰陽平衡理論、リフレクソロジーの効果、種類、英国式リフレクソロジーと台湾式リフレクソロジーの違い、反射区、エネルギーライン、リフレクソロジーの行い方などに関する知識を有していることが証明されます。資格取得後は、リフレクソロジーセラピストとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/14144/table/496_1.jpg ]



健康リフレクソロジーインストラクター
日本インストラクター技術協会(JIA)

[画像3: https://prtimes.jp/i/14144/496/resize/d14144-496-951950-1.jpg ]

健康リフレクソロジーインストラクターとして、リフレクソロジーやハンドリフレクソロジーやボディケアの行い方の知識を有していることが証明されます。例えば、リフレクソロジーの効果を高めるための時間・頻度・環境に関する知識、道具やオイルを使ったリフレクソロジーの行い方、リフレクソロジーの効果を高める食べ物やスポーツ栄養学、入浴法や足湯について、ヨガや鍼灸など他のケアとリフレクソロジーの併用について、美肌・ダイエット・エイジングケアとリフレクソロジーの関係性、ハンドリフレクソロジーやボディケアの行い方などに関する知識を有していることが証明されます。資格取得後は、健康リフレクソロジーインストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/14144/table/496_2.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る