• トップ
  • リリース
  • SARAスクールジャパンの「水耕栽培」通信講座を新規開講しました。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社新生技術開発研究所

SARAスクールジャパンの「水耕栽培」通信講座を新規開講しました。

(PR TIMES) 2018年07月20日(金)16時01分配信 PR TIMES

自宅で資格取得ができる!資格取得でスキルアップできる!

株式会社新生技術開発研究所は、SARAスクールジャパンの「水耕栽培」通信講座を新規開講したことをお知らせいたします。
自宅で楽しく学べる♪イマ人気の水耕栽培講座。

水耕栽培 基本コース/プラチナコースでは水耕栽培の基本知識から水耕栽培に必要な道具の知識、さまざまな植物の育成に関する知識、水耕栽培での野菜の育て方を一通り学ぶ事が出来ます。テキストに沿って学習できるので初心者の方でも問題なく学ぶ事ができ、人気の講座となっています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/14144/494/resize/d14144-494-332324-0.jpg ]


本講座は水耕栽培について学ぶだけではなく、水耕栽培に関する2資格の取得が目指せる内容として作成されています。本講座を通して日本生活環境支援協会(JLESA)主催の「野菜水耕栽培士」、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「水耕栽培インストラクター」の2資格の取得が可能です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/14144/494/resize/d14144-494-275904-1.jpg ]



水耕栽培といえば、LEDライトが光る無機質な工場の中で生産される野菜といったイメージがあり、おいしさや栄養価などに疑問を持つ人も少なくありません。しかし水耕栽培の歴史は古く、南米やアジアなどで数千年の歴史を持っている農業の一形態です。水辺に住む人々が、葦などの植物で浮島を作り、その上で作物を育てたのが水耕栽培の原型といえるでしょう。根は浮島の下の湖まで伸び、水中の栄養分を吸って成長し、様々な実りを人類に与えてきました。ペットボトルを使った小さな水耕栽培も原理はこれと同じです。

園芸関係の仕事で活躍♪
取得した資格を活かして園芸関係の仕事で活躍することができます

自宅で水耕栽培の講師として活動!
講師資格を活かして、自宅やカルチャースクールなどで空いた時間に水耕栽培の講師として副業が出来ます。

SARA School JAPANで使用する教材はすべて完全オリジナル。初心者でもわかりやすい内容で学習しやすくなっています。学習中わからないことがあればプロの指導者による個別質問ができて安心です!
[画像3: https://prtimes.jp/i/14144/494/resize/d14144-494-119373-4.jpg ]


SARA School JAPANの講座は「輝ける女性部門 第1位」、「女子力アップBeauty部門 第1位」、「美しくなれる通信教育部門 第1位」に選ばれました。女性専用の通信講座として、また初の注目度NO1のスクールです!


[画像4: https://prtimes.jp/i/14144/494/resize/d14144-494-852493-2.jpg ]

野菜水耕栽培士
野菜水耕栽培士とは、水耕栽培を使った野菜の育て方に関してのあらゆる知識を有していることを証明する資格です。水耕栽培に必要な道具や植物の育成に関する知識、トマトやクレソン、春菊、ヘチマ、いちご、エンドウ豆、小松菜などの野菜を水耕栽培で栽培する方法や、タワー型、ポンプ式、トロ舟、多段式、連結式、発泡スチロールなどを使った様々な技法、排水の配管に関して、水温の対策、害虫の
対策など、水耕栽培を行う上で必要な様々な知識を
有している方に認定されます。

水耕栽培インストラクター
水耕栽培インストラクターとは、水耕栽培を行う上で必要な知識に加え、野菜や果物などの特性別の栽培方法を熟知していることを証明する資格です。水耕栽培に必要な水の配管やポンプ、アクアポニックスでの水耕栽培方法、水の変え方、ペットボトルを活用した水耕栽培など、家庭のキッチンなどの場所、植床の種類や選び方や食用野菜の栽培や緑のカーテンなどの目的に合わせた栽培の方法や技術などを有していることが求められます。資格取得後は、水耕栽培に関する技能と知識を活かして講師などとしても活動することが可能です。


[画像5: https://prtimes.jp/i/14144/494/resize/d14144-494-734786-3.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る