• トップ
  • リリース
  • 日本トップの事業規模を活かした介護領域の社内シンクタンク 「ベネッセ シニア・介護研究所」設立

プレスリリース

株式会社ベネッセホールディングス

日本トップの事業規模を活かした介護領域の社内シンクタンク 「ベネッセ シニア・介護研究所」設立

(PR TIMES) 2015年11月11日(水)13時11分配信 PR TIMES


 株式会社ベネッセホールディングス(本社:岡山市)は、新たに介護領域の社内シンクタンク「ベネッセ シニア・介護研究所」を2015年11月11日に設立いたしました。

 ベネッセは、1995年に介護事業をスタートし、今年で20周年をむかえます。グループで介護事業を担う株式会社ベネッセスタイルケアでは、「その方らしさに、深く寄りそう。」ことを大切に、286拠点の高齢者向けホーム及び住宅(うち282拠点は有料老人ホーム)を展開。約1万4,000名のお客様にご生活いただく「有料老人ホーム」のリーディングカンパニーとなりました(以上、2015年11月11日時点の数値)。

 「ベネッセ シニア・介護研究所」は多くのお客様が生活する現場を持つこと、そして20年間で培った介護の知見を強みとし、高齢化社会に役立つ調査・研究と、社会や介護業界全体に対して発信・貢献することを目的としています。本研究所の活動を通して、現場の実態やお客様・介護スタッフの声を発信するとともに、高齢者・介護に関する未解決のテーマの調査・研究に取り組み、「年をとればとるほど幸せになる社会」の実現に貢献していきます。


[表: http://prtimes.jp/data/corp/120/table/490_1.jpg ]


プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る