• トップ
  • リリース
  • LANの見える化を末端まで実現する、よりコンパクトに進化したシンプルスイッチ ヤマハ シンプルL2 スイッチ「SWX2110シリーズ」

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

LANの見える化を末端まで実現する、よりコンパクトに進化したシンプルスイッチ ヤマハ シンプルL2 スイッチ「SWX2110シリーズ」

(PR TIMES) 2021年03月15日(月)18時15分配信 PR TIMES

5ポート/PoE対応モデルもラインアップ、VLANやQoSなどのスイッチ機能も拡充

ヤマハ株式会社は、シンプルL2スイッチ「SWX2100シリーズ」の後継として、シンプルL2スイッチ『SWX2110-5G』『SWX2110-8G』『SWX2110-16G』とシンプルL2 PoEスイッチ『SWX2110P-8G』の計4モデル(以下、『SWX2110シリーズ』)を2021年4月に発売します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/10701/489/resize/d10701-489-343911-0.jpg ]


今回発売するシンプルL2スイッチ『SWX2110シリーズ』は、SOHO・小規模オフィスや小売/飲食店において、ネットワークの末端での使用に最適なシンプルスイッチです。ルーターのポート拡張用としても使いやすい5ポートモデルも新たにラインアップへ追加しました。全モデルに金属筐体を採用することで放熱性を高め、従来の「SWX2100シリーズ」に比べて小型化を実現し、設置性も向上させました。『SWX2110P-8G』は、8ポート中4ポートでIEEE802.3atに対応し、1ポートあたり最大30W、装置全体で70Wの給電が可能なPoEスイッチです。IPカメラや無線LANアクセスポイントなどのPoE機器を少数使用する、小規模なネットワークに最適です。

スイッチ機能の面では、従来のループ検出やEEEなどに加え、VLANやQoS、IGMPスヌーピングといった、中小規模ネットワーク向けのエッジスイッチとして有用な機能を厳選して搭載しました。よりセキュアで帯域にやさしいネットワークの構築に貢献します。また、ヤマハルーターや「Yamaha LAN Monitor」と組み合わせることで、LANの見える化機能「LANマップ」での管理に対応します。さらに、本機をエッジスイッチとして利用することで、本機に接続された端末まで含めたネットワーク状態を確認できるため、トラブル対応や日頃の保守・運用業務の負荷を大幅に軽減します。


<価格と発売時期>
本体
品名/品番/希望小売価格(税抜)/発売時期
シンプルL2スイッチ/SWX2110-5G/9,800円/2021年4月
シンプルL2スイッチ/SWX2110-8G/14,500円/2021年4月
シンプルL2スイッチ/SWX2110-16G/34,000円/2021年4月
シンプルL2 PoEスイッチ/SWX2110P-8G/39,800円

◎販売計画:SWX2110シリーズ合計:43,000台/年

『SWX2110-5G』『SWX2110-8G』用オプション
品名/品番/希望小売価格(税抜)/発売時期
電源アダプター/YPS-12V1A/4,000円/2021年4月

※電源アダプターは、スイッチ本体にも付属しています

『SWX2110-16G』『SWX2110P-8G』用オプション
品名/品番/希望小売価格(税抜)/発売時期
ウォールマウントキット/YWK-1200D/18,000円/発売中
ラックマウントキット/YMO-RACK1U/18,000円/発売中
[画像2: https://prtimes.jp/i/10701/489/resize/d10701-489-476533-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/10701/489/resize/d10701-489-457341-2.jpg ]



<主な特長>
1.LANの見える化に対応し、保守・運用の業務負担を軽減
『SWX2110シリーズ』は、LANの見える化機能「LANマップ」での管理に対応します。ヤマハルーターなどと組み合わせることで、本機と接続されている端末まで含めたネットワーク構成を可視化します。誤接続によるループの発生や不正な端末の接続などを検出し、状況に応じて対策を講じることができます。

また『SWX2110P-8G』は、ヤマハルーターと組み合わせることで、「LANマップ」でのPoE給電状態の確認や、Pingによる端末の死活監視にも対応します。本機に接続されているIPカメラなどがフリーズした際にも、PoE給電のオフ/オンによる手動/自動での再起動がポート単位で可能なため、異常状態の解消につなげることができます。

このように、ヤマハルーターとの組み合わせることで、遠隔からでもネットワーク状態を末端まで確認できるため、突発的なトラブルでも現場に駆け付けることなく障害原因を予測でき、日頃の保守・運用業務の負荷を軽減させることが可能です。
[画像4: https://prtimes.jp/i/10701/489/resize/d10701-489-229353-3.jpg ]


2.小型化による設置性の向上
『SWX2110シリーズ』は、金属筐体を採用することで放熱性を高め、従来の「SWX2100シリーズ」に比べ、小型化を実現しました。さらに『SWX2110-5G』『SWX2110-8G』は、LANポートと電源コネクターの配置を同じ面に揃えることで、設置後の配線をきれいに揃えることができ、キャビネットの中や狭い場所へ設置しやすくなりました。アクシデントにより電源コードが抜けてしまうことを防ぐため、抜け防止部品も付属しています。LED MODEボタンによるポートLEDの消灯にも対応しているので、LED点滅が気になりやすいデスク周りでの使用にも適しています。

また、マグネットシートを同梱しており、スチール製のデスクサイドやキャビネットの側面へ簡単に設置可能です。『SWX2110-5G』『SWX2110-8G』では、壁に取り付けたネジに本体底面の壁掛け穴を掛けるだけで設置ができます。加えて、ファンレス設計で50℃までの動作環境に対応するため、天井裏や倉庫など高温になりやすい場所へも設置可能です。
[画像5: https://prtimes.jp/i/10701/489/resize/d10701-489-576134-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/10701/489/resize/d10701-489-273048-5.jpg ]


3.VLANやQoSなどのスイッチ機能を厳選搭載
『SWX2110シリーズ』は、従来のループ検出やEEEなどに加え、中小規模ネットワーク向けのエッジスイッチとして有用な以下の機能を厳選し、搭載しました。

部門・利用目的等によって仮想的にLANセグメントを分けるVLAN
フレームの優先度に従ってリアルタイム性を確保するQoS
不要なフラッディングを抑制することで帯域を有効活用するマルチキャストスヌーピング
トラフィックの監視や解析に有用なポートミラーリング
使用しないポートの通信を遮断して不正利用を防ぐポートシャットダウン

これらの機能は、「LANマップ」から設定が可能です。無料のPCアプリケーション「Yamaha LAN Monitor」による管理/設定にも対応しているため、ヤマハルーターやインテリ以上のスイッチが無い環境においても、本機の機能を十分に発揮できます。また、本機に保存される設定は「LANマップ」にバックアップが可能なため、簡単かつ確実に設定の復元ができます。故障などで機器交換が必要となった場合でも、現地作業者のスキルを問わず、機器交換によるネットワークの復旧をスムーズに行うことができます。

[画像7: https://prtimes.jp/i/10701/489/resize/d10701-489-506848-6.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/10701/489/resize/d10701-489-921469-7.jpg ]



シンプルL2 スイッチ『SWX2110-5G』

[画像9: https://prtimes.jp/i/10701/489/resize/d10701-489-222577-8.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/10701/489/resize/d10701-489-910223-9.jpg ]



シンプルL2 スイッチ『SWX2110-8G』

[画像11: https://prtimes.jp/i/10701/489/resize/d10701-489-439678-10.jpg ]

[画像12: https://prtimes.jp/i/10701/489/resize/d10701-489-112380-11.jpg ]



シンプルL2 スイッチ『SWX2110-16G』

[画像13: https://prtimes.jp/i/10701/489/resize/d10701-489-588797-12.jpg ]



シンプル L2 PoEスイッチ『SWX2110P-8G』

[画像14: https://prtimes.jp/i/10701/489/resize/d10701-489-614327-13.jpg ]



電源アダプター『YPS-12V1A』

[画像15: https://prtimes.jp/i/10701/489/resize/d10701-489-302231-14.jpg ]



ヤマハ スイッチ 製品情報サイト
https://network.yamaha.com/products/switches
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/


※文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る